残響の足りない部屋

「ホームページオブ百合機械」の別館日記ブログ

暁け暮れ明星日記(全20回 第1回9/16分)

今日もPCやって目が痛い。ということで生存報告的な記事を書きますが、この「ということで」っていう接続語いるか?って話ですね。ああこうして余計な文章が出来ていく。
現時点でPCを40分くらいやってるので、あと活動限界5分くらいなので、がががーっと書きます。
 
Twitterをやっていないこと
 
主に最新のツイで書きましたが、まあSNS中毒ですね。これはいけない。このまま死んでしまってはいけない、そんな風な自分という人間はいけない。そんな風に死んでしまう自分が許せない。許せないっちゅーかなんかな。自分は猛烈に後悔&イヤな気分になるだろうな、って話。臨終のとき
 
また最近臨終のことばっかり考えていますが、もともと自分は35歳で死ぬと考えていました。自殺か衰弱かはともかく(比率としては自:弱=3:7かなぁと)、まぁ自分に与えられた所与の魂継続時間は35年くらいだろうな、と
それは自分の投薬とこれまでの病気によるダメージ蓄積がかなりスゴイので、肉体が虚弱になってってるということ。
それと、2008年から2012末冬-13年新年あたりまで、ほぼ1/2日の確率でずーっと「宇宙曼荼羅直結幻覚」を就寝時に見ていた、というのがあったからですね。あの宇宙曼荼羅はいかんよ。あれを受け続けたら、見続けたら、人生観変わるよ。死生観か。「もう【死の苦しみ】より強大な苦痛を、こんだけの期間受け続けた(しかも発生条件はダイス振る感じ)」というのが、自分の死生観を決定してしまって、そこから逆算して「自分の死の価値」「現世に存在している自分の価値」「現世でやりたいこと」を決定してって、その決定が「今何をすべきか」「今なにをして、後悔せん人生になりうるか」っていうことを考え続けてるのだと思う。実際に行動をやりまくってるのだと思う。だから、これもこれで、一応自分の人生を「ちゃんとたのしもう、やりたいことはやろう」っていう表れのポジなんだろうなと思う。
それが、こんだけ虚弱体質でも、一応「リアル行動」「創作活動」をやってってる理由ですね
 
で、まあSNS中毒なわけです。これはいけない。自分の人生で「猛烈にやりたいたのしみ」のなかに、Twitterというのはちょっと違うわけです。
だのに、ついやってしまう。これを中毒と言わずして。
ついツイをやると、ちょっとだけ何かを忘れることが出来るんですね。ちょっとだけ呟いて、それで何かをしたような気になる。
自分のやりたいことは、創作HP運営、オリジナル創作神話の構築だったろう……という
 
●文章下手だね
 
これはまた記事を改めて、日を改めて書きますが、自分えろすけ(批評空間)に投稿しといた「駄作」の感想を読み返したんですよ(そういうタイトルのグロゲーがあるのです)
ところどころで、「へー、おもろいことを書いてるな、あくまでfor me(おれにとって)な感じではあるが」とポジなことを想えて、あー「おれはへただへただ」の悔恨ばっかりでもないんだな、と思えたのは良いのですが、しかしあれだ。それとは別に、文章の構造力というか、論理的メッセジ伝達力が、あまりに希薄で。怪文書を並べ立てて口上カマしてるよなもんですから、あの文章。だから自分にとって意味はあるが、他の人にとってはなぁ
 
●しかしヘンリーダーガー
 
でもこの「他人を意識する」っていうのを、今排除したいがゆえに、SNSを遮断したのも事実。よってヘンリーダーガー的な創作ライフスタイルをどこかでロールモデル理想としてる自分もいる
 
※ヘンリーダーガー:ものすっごい量の妄想小説とその挿絵コラージュアートを描きまくったけど、どこにも誰にも発表せんだったから世間的には無名だった「非現実の王国で」という長大な妄想の作者。前世紀のアメリカのひと。
 
結局「オリジナル神話の構築」であって、それは他者が褒める認証する、っていうのが前提ではなく、それによって価値が決められるもんでもない。自分が構築する、自分が手で作るいままさにこの瞬間(と、構築物)こそが、自分にとっての価値なんだと。その価値だけでいいのだと。
というか価値っていう概念自体が、「他者」という存在をそもそも前提にしている。「うわおれ、いまめっちゃ気分ええわぁ、たのしいわぁ」だけで十分ではないかと。そこにおいて「他者」は前提的必要必須ではないのだし。
 
●PCやって目が痛い
 
そんなわけで5分。今日はTwitter小説の更新をやって、しかしTwitter小説を投げるだけで、纏めてはいません。
あ、この「Twitter小説更新」はSNSではないです。あのSNSっていうのは、「残響さん」としてなんか「わかってくれよぅ、自分の日常をよぅ」という感じで流すようなのです。この「Twitter小説更新」はどう考えても「路上ライヴパフォーマンス」です。「口上(ことばあそび)の文芸」を自分の創作の母胎のひとつとしているからには、このライヴパフォーマンスはやはり定期的にやっていきたい。そこに本質は、確実にあるし、Twitter小説をやってるってことは、ライヴで創作をしてることだから
(オフラインで創作をする価値はいささかも減じていない)
 
ただ、虚弱になったから、目は痛い。電磁波はくる。pcから。これがとてもつらい。だからPCは45分ワンセット、で休憩、っていうのが一連の流れ。
ここまで一気に書きました。
 
この日記は、生存報告と、自分(残響)がやってることの更新としてやっています

第2回ごうつホビー祭りに参加してきました


8/25(土曜)、 8/26(日曜)に、島根県西武で行われた「ごうつホビー祭り」に参加しました。

前回オフレポ

ジオラマを3作品制作し、出展しました


f:id:modern-clothes:20180828075233j:image

大変に楽しかったです! くわしいオフレポは、後日書きます。たぶんscrapbox.ioのほうで

 

同人で相方やって頂いてる義実さんが、遠方から来てくださり、2日間多いにたのしみました


f:id:modern-clothes:20180828075515j:image

(共同で、祭り2日間のうちに作りました)

写真もいっぱい取りましたので、書きますよー、オフレポ

【外部での活動報告】『つよきす3学期』対談も開始しております。

 梅雨ですね。じめっとしてますね。じゃあエロゲだ! 
ということで、当ブログ管理人(残響)が他のところでやっとる企画のご紹介です。
 書評/エロゲ感想/サッカー観戦ブログの止まり木に羽根を休めて管理人・feeさんとやらせて頂いている対談ブログ「止まり木の足りない部屋」、こちら、新フェーズというか、続編企画に入りました。

 

●feeさんのブログでのご紹介

止まり木に羽根を休めて : つよきす3部作をやりました

 

●対談ブログ

zankyofee.jugem.jp

 

●「つよきす(無印)」対談全体

zankyofee.jugem.jp

●「つよきす3学期」対談全体

zankyofee.jugem.jp

つよきす対談→つよきす「3学期」対談

 

きゃんでぃそふとつよきす」シリーズについて。

www.candysoft.jp

 2005年に、タカヒロというライタが中心になって発表された、のんきなコメディ学園ものエロゲ「つよきす」。テーマは「ヒロイン全員、強気っ娘!」
 オタク界隈では、当時勃興していた「ツンデレブーム」と相まって「これぞツンデレゲーの傑作よ!」という評価がされました。今考えれば、かなり安易だなこの流れ……。

 そして、2011年に、「3学期」という続編……が発表されました。ただし、これはタカヒロらオリジナルスタッフによる作品ではございません。きゃんでぃそふとが、さかき傘という実力派ライターを招聘して書いたものです。

 タカヒロはその数年前に、きゃんでぃそふとを離れ、自らのブランド「みなとそふと」を作っております。2009年には「真剣(マジ)で私に恋しなさい!」という大作ゲームをものしております(後述)

 さて、みなさん。そういう経緯で発表されたゲームなので、「駄作なのでは? 三学期」という憶測を立てられて当然です。

 ところが、この「三学期」。予想を裏切って、「悪くない、むしろ良作」という。feeさんもそうおっしゃっていて、残響に「つよきす(無印)の後に三学期をやるのは、全然アリ」という風なご紹介をしてくださいました。

 実際プレイしてみて、その通りでした。どう「その通り」なのか、は対談をご覧になっていただきたいですが(この記事、誘導記事だもんねぇ)、少なくとも「消化試合」的な、ナアナア感は、ないです、この作品。何より「」がある。もとの「つよきす(無印)」への、つよきすワールドへの、愛が。
 なので、焦点となるのは、さかき傘というライタの愛、及び手腕になってきます。

●正直(あるいはこれからの展望)

 

 こういう機会がなかったら、つよきすや、三学期、というのをプレイすることはなかったと思い、feeさんには感謝です。また、feeさんとは、読書傾向、ゲームプレイ傾向、あるいは趣味嗜好について、「重なってる部分がありつつも、やっぱりどうも見てる世界が違うっぽい」というので、対談するにおいて「良きズレ」がありますし、また刺激にもなり、凝り固まったアンテナを拡げてくれます。

どうも最近自分自身、こういう「拡げ」って方向が、暗黙のうちにムズくなってきますね。それは認める。方向性の決定と表現すれば言葉は心地よいですが、それでもその実は感性アンテナの硬直化であります。

なにより、世の中は広いっていうことは、いつでも自分に叩き込んでおかねばならないことで。それ言い過ぎだとしたら、「可能性がここにもあるよ?」っていう実感はもっておきたいところ。

それから、自分自身、どこかでエロゲーマーとしての現役度合いが減少してってるのは、自覚していて。でも、ヴィヴィッドなエロゲ語りを実際にしていくと、やはり楽しくて。そういう機会を与えてくださったfeeさんには改めて感謝ですね。

 

 結構手間がかかっている企画で、全部通して読むと文字数が多いですが、読み応えはある記事だと思います。基本「たのしい」ムードの対談ですから、如何でしょうか。すでに三学期は両者全プレイ、対談全部取り終えてあります。今ブログ編集中です。

 

 また、上述の「真剣で私に恋しなさい!(まじこい)」ですが、この「タカヒロゲー」の流れで、プレイしており、こちらも対談を収録しております。現在、作品全体(ルート)の半分を確実に超えております。

こちらも対談記事をUPしていきますので、ご期待ください。

 

遅ればせながら、Art-Schoolの2ndアルバムと自分の迷いon 2017-2018のおはなしを書いてみる。

ピクシーズは「Trompe le monde(世界を騙せ!)」と放ちました。
だがアートスクール=木下理樹は、どうもその方法論を採らなかった/取れなかったようで。
頭が悪いわけはない。
でもここで、雨が降っている。
刃のように


そんな訳でART-SCHOOL※の2ndアルバム「Love/Hate」の話をします。 

 

mywaymylove00.hatenablog.com

 

※……以下アート、Art-School、≒木下。表記揺れを推敲するのが正直めんどかった


●聞くに至った経緯

 

なんでか自分は、主に90s~ゼロ年代初頭の、日米のオルタナティヴ・ロックを愛好しながらも、アートスクールを経由していなかったのですね。多分、発表当時なんとなく聞いた「ILLUMATIC BABY」がよくなかった。

 

リフの強靭さはよーわかったが、「うーむ、キャッチーが過ぎる」という、何だかトンチキなアート体験から入ったもので、「アートはちょっと違うのかなぁ」と思ったものでした。

しかし月日は経って、自分はTwitterで、自分と同じオルタナ音楽愛好者である「カナリヤ」さんという方とお知り合いになりました。

modernclothes24music.hatenablog.com

カナリヤさんにとって、アートはとても特別なバンド。もう一回張りますが、本当のバンド愛に基づく記事が書かれています。

mywaymylove00.hatenablog.com

「この時代に今更これを語る?!」とご本人は韜晦されていますが、読み手からしたら「このタイミングで語るからこその、オルタナ屈託と愛よ!」と思ってしまいます。その通りでして、この記事があって、改めてアートスクールというバンドに興味がわき、その場でネット通販で注文して、聞きました。良い。非常に良い。カナリヤさんにも感想を書かなくては……

 

と、思ってはいました。
そこで、自分の真のトンチキが起こってしまいました。

2017年11月。およそ10年ぶりに、再びの入院。まあ、10年前は半年間強制入院でしたが、今回は5日くらいの短期入院。まあ、どちらにせよ「やらかした」は間違いないです。

そこんとこは、退院後に、この記事で書きましたが(あまり見んくていいです)。
まあ、病気の具体的かつ病理的な詳細はここで書かんでもいいのです。問題は……心象風景、っていうか。


●アートは自分を加速的に追い詰めた

 

「死ねよ」
と。

 

当時のあのうっすら感じていた孤独感っていうのがマズかったか。病院に入院して、まずはスマホを取り上げられて。
当然ですね。重度コミュニケーション依存症とでも呼ぶべきノイローゼだったのですから。入院前、「あれをしなくちゃ」「あれをやらなくちゃダメ」「あれをしなければクズ」そんな強迫妄想ばっかり。

それってよぅ、誰かの奴隷になってってるというのと同じじゃありませんか。誰かに好かれたい、というよりは、誰かに嫌われたくない、っていうニュアンスの違い。それでも、自分の「奴隷化」は止まらない。そして頭の良い自分は「奴隷化」してってる自分自身を見下し、恥じ、そしてやらかし、入院した、ってわけです。

奴隷を解除するには、まずは鎖を解かねばならない。だからスマホ没収です。
「いや? スマホなくても大丈夫だし?」と没収された当時思っていました。1日目。ほーら楽だ楽だ。自分は奴隷なんかじゃないゾ!と。しかし1.5日目(早!)。「誰かが自分を噂している!」という妄想が沸いてきて、スマホ取り上げられるより前と同じくらいの精神の揺れ!

音楽を聴かねばならない。文字が読めないのだから。
というわけで、Nine Inch Nailsはさすがにマズいなー、人間椅子もどうよ、かといって同人音楽もなー(当時、同人音楽界隈の過去の悪しき記憶もフラッシュバックが酷かった)。じゃあ、アートスクールだ、こないだ買ったばかりだし……

考えたらこのチョイスもちょっとおかしいですね。NINがダメならアートも、って思いそうなものを。でも、何か「きれいなもの」に触れていたかった、というのがありました。逃げで。
そして、聞きました。

……あのね、弱った人間が、ごうごうと流れる滝で荒行してはいかんのですよ。あのとき感じたのは、「瀑布」とでも呼ぶべき、大轟流でした。水のような音が勢いよく降り注ぐ。折しも1曲目は「水の中のナイフ」。ぎゃーなんというシンクロ!

www.youtube.com

 

心象風景の受信機能までは死んでいなかったというか。あるいは本物の「表現」は、なんなく自分をブチ抜いていく、というか。
でも、キツいっすよ。その「音の滝」は。轟音も確かに弱った耳にはキツかったけど、もっとキツかったのは、木下理樹の「孤独な心象風景」そのものでした。

 

「こんな世界でこいつ(木下)は生きてんのか……」と。


●世界を騙せ

 

木下は1曲目「水の中のナイフ」で、「ああ、俺って【欺ける】ようになっちまったんだな」という心情を歌っています。そんな自己嫌悪からこの盤ははじまります。
いわゆる「世間ズレ」って言葉がありますが、その通りに世間に上手く適応できてったら、痛くなくて済みます。ただ、何かと代償に。

わたくし自分自身もね、主にTwitterランドSNSで、それなりに上手く立ち回ったんだと思うんですよ。目に見えるアンチもいなかった。うまくは立ち回った。そしてとくに欺いてはいない。ただ、この「上手くやってる」自分に、ときたま猛烈に吐き気がしました。もちろんこの吐き気が、入院にまで至る布石になってたわけです。

欺いてはいないさ。ただ、物凄くそれ以上に欺いてる気がする。何を? おそらく、過去の自分を。あるいは、過去の自分との神聖な約束を。貫くべきことをどっかでナアナアにし、適応し、納め……。上手くやった。うまくやったよ。それは「定量的な事実」だ……

 

……だから何だ。薄汚ぇ。
少なくとも、アートスクール木下理樹は、そんなことはせずに、この名盤を生んだ。

「そんな上手い立ち回りをしなかった」からこういう美が生まれたのだろうし、それゆえに木下はこうも傷ついている。こいつがこう傷ついてるのは自業自得だ。
……そんな論法を使っている自分自身に、さらに吐き気がした。ああ自分も大人大衆になったよな、と。

自分は、自分が世界で「わりに孤独」っぽい立場でいることを、誇りに思っていた……のが、(明らかに)数年前。少なくとも、大学院のときは、孤独という状況に心底誇りと居心地の良さを思っていた。
確かに、正直言えばどこかで「繋がり」には飢えていた。だけど、やはり根底では、ピッと澄み渡った冬空のような清廉な孤独を選んだ自分を誇りにも思っていた。

そんな日々を遠くして年月は経り。さーてそれが、今やTwitterフォロー数300以上、フォロワー数450以上になってる自分だぞコノヤロウおおぉぉうぅぅぅぅ。巨大なツイッタラーの人からみたら、大したことない数字なんでしょうが、自分にとっては……「過去の自分」にとっては大きな数字だ。その中で「上手く立ち回った」。「繋がり」も得た。なるほどねー。

そういう八方美人の姿は、自分自身にはイマイチ確認できず。他人には明瞭に見えるものであって。あるいはここで「他人」ってものを持ち出すのも、すでに囚われてる証拠で。

別に他人に対して、わざとイキってヘイトをぶつけるという欲求はないです。それはない。しかし、「自分のアバターキャラ」をうっすら認識してる自分自身、にも気が付いた。そうかい、これがパブリックイメージ・リミテッドって意味かい。百合警察、めんどくさい模型オタ、Twitter某氏某さんの取り巻き、うまく立ち回ってるやつ……。

 

アートスクールが自分に見せたものは、いくつかある。

  • 1)圧倒的な孤独な木下理樹心象風景の美
  • 2)骨太なオルタナバンドサウンドの美
  • 3)そして骨太な孤独(の美)になんてなりきれてねぇおれ自身!!!

 

 今の自分って、
 なんなんだ。病院の中かよ。

 

 そして、アルバム後半までナントカ聞きましたが、もうダメだ。アートスクールをこれ以上聞いていられない。
 自分は、ウォークマンを手放しました。
 もうこれ以上、何も騙せない……したくない。


●静かな日々

 

とにかく、一応の生存報告だけTLに書いて、あとはただ静かな入院生活。
時計の針が刻む音というか、風がびゅーと吹いていく冷たい秋の音というか。

退院してから、それでも現実は動く。
時間は経つ。時折、ダメになって咆哮しながらも、時間は経ち、事態は流れる。数年間ネットでお付き合いさせて頂いてた、自分が敬意を持ってた人に「病気治るまで話したくない」と言われ。いくつかの、うまく立ち回っていたが故の縁が、潮が引くように断ち切れて。

 

あくまで心象風景なんですけど、以下のは。


ーーーまるで月夜だ。
おぉーっきな満月が大洋の上に浮かんでいる。
黒い海のたもと、
渚に自分は立っている夜。
あっちはあんなに輝いてるな……

っていう、心象風景(幻視です)
ざざーん、ざざーん。

 

心象風景おわり

……ああ、いろんな人に嫌われたな。正確に言えば、多くのひとにとっては、自分っちゅうのは、斬っても別に支障ない存在だったから、ひょいと切られた。まぁ当然である。
そして、自分自身が、「大事に思っていた人を、こうして傷つけている、典型的な善意ヅラの悪人」だと自然と理解が出来た。こりゃ腐ってる、腐臭が出てる。気づかずは己ばかりなり。

そんなブツ斬れ感のある、生々しい「孤独」さが、再びやってきました。酔いようのない孤独です。冷えた頭にはそれが理解できる。


氷を砕いて歩こう
何も話さなくていい
何より澄んでいるから
冷たく乾いた朝に

ーーー「Butterfly kiss」

www.youtube.com

 

静かに、静かに。
今にして思えば、入院の時の「静けさ」っていうのは大事でした。そしてそれからも続く静かな日々、孤独の、この冷えた静かな感覚があって、以降の「迷わない」にもつながるんですが。


それでもねー、なんだか……。この冬の朝みたいな(実際冬でしたが)、澄み切った朝の孤独感。実際に放り出されたという。

自分が悪いのはわかっている。
その一方で、自分の立ち回りには根源的に意味がなかったのだとも知る。

でも、そんな中、自分に声をかけてくださった方々、今も見捨てずお付き合いいただいた方々には、ほんと感謝しています。

 

●迷わない

 

ーーー以下の「(もう)迷わない(だろう、たぶん)」の今でも続く心境は、当時から「おいおい、それかよ」って気もしてますけどね。今もしてる。ただまあ、そんなに悪い感じでもない。

 

年が明けて、2018年正月。


光の中へ君は
触ろうと手をのばしたのさ

ーーー「Butterfly kiss」


思えばずーっと、何かを求めていました。自分には適した「表現手段」があるんじゃないか。生活を一変させるライフハックがあるんじゃないか、とか。
自分が、自分であるだけで肯定をしてみたかった。
ずっと、そんなものをもがいて。

「そんなものはない」と割り切れなかったのは、この世にはそんな「ある時、【気づき】から、絶望からの飛翔が成った人々」がいるから。NINのトレント・レズナーだって。人間椅子の和嶋だって、そうだ。


この曲に限らず「光」は木下理樹の書く詩によく出てくる言葉ですが、もっぱらネガティブな結果をもたらす象徴として描かれているように思います。【暗闇の中でもがき続ける人がいるという事実こそが、絶望した人間にはある種の救いになるんだ】という思いがソングライター木下理樹の信念であるとすれば、希望を想起させるような明確な善のイメージ、手を伸ばせば届くかもしれないと思わせるものこそが絶望に他ならない、ということかもしれません。
ーー6. アパシーズ・ラスト・ナイト(上記カナリヤさんのアート2ndのブログ記事から)

 

光の存在さえ、知らされてなかったならば。きっと無感覚に日常をこなしていって、りっぱなおとなになって、きっと誰をも傷つけずに生きられたのだろうな、とか。そうなればきっといろんな人から認められて、すげーとか言われちやほやされて、結婚して子供が出来て、ああ畳の上でやすらかに……

でもまぁ、自分の居る場所は、ここです。暗い。

木下理樹の「光=ネガティヴ結果=絶望」というのは、以上の文脈から、なんとなく、自分なりに、わかるような気がするのです。
白い光のなか、奔流がそこにあって、それに「乗れ」れば、きっと消えるように幸せになれる。暗闇はつらい。少なくとも自分は、もういい。

だからといって、あの白い光にすうっと消えてしまうことで「良いのか?」とも思う。


光を浴びて君は ずっと子供みたいさ

ーーー「Butterfly kiss」


自分は、子供になりたかった。子供のままで居たかった。でも、うまく立ち回ってる自分が子供でないのは、やっぱりどっかで承知している。
アートの1stの「Requiem for innocence」とは、ほんと凄いタイトルですよ。

自分、自分、とね。自分にこだわりすぎだ。


いよいよ病んでるなーと当時思ったのは、何回も引用してる4曲目「Butterfly kiss」の終わりでの「tonight」がカナリヤさんには「ツレイ」と木下の拙い英語に聞こえたそうですが、自分にはこれ木下の「辛い……つらい……」という嗚咽としかマジで聞こえなかたのですね。ああアート木下よお前もつらいんだなぁ、と。これもこれで病んだ聞き方ですね……w(天然

そんな「光の希求」の日々(迷い)でした。2017年まで。文章(小説、レビュー)でもうまくいかず、音楽(同人音楽CD作成)には希望が見えてきたけど、まだ自分のスタイルを確立しきれていず。いつまでこの「光」を求めるのを続けるのか。もうやめちまったほうがいいのか。それでも、「光」を求めている。こんなの求めるから絶望の切り刻みだっていう話なんですが。「光」を求めるからこんな人生で、この歳(32歳)までロクなもんにもならず、疲れてばっかりで。混乱はいつまで続く、迷いはいつまで続く?

つらい。
つらい。
何度、「love/hate」の歌詞のように「もういい……」と思ったことやら。

 

それでも、幻視は止まらない。生まれてこのかた、この幻視が止まったことはない。孤独さを冬の朝の風景に思ったり、孤独さを月の夜に幻視したり。そんなのが続いてるから、やっぱり自分自身の「表現手段」っていうのがほしい。

今となっては、TwitterのRTもfavもいらない。ブログ/HPアクセス数もいらない。追い求めて心動かされて、結局「ここ」に辿り着いちまったのだから、同じことをやってもね。とにかく「他人」は、もういい。いまは、とにかく「自分がこころから確信できる表現手段」がほしい。
でも、見つからない。ライフハックブログを何回読んだだろうか。こんなの徒労だよなと思いながら本を読んだ。

 

……

…………

………………

 

ところが、あるとき。ふっと。いくつかの事が連続して起こりました。

……はじまりは、なんとなく、コラージュアートをはじめたあたりでしょうか。あろんさんのSSの3次創作や、M.MさんのHPのファンアート、feeさんとの対談のシメとしてのコラージュを作ったときあたりから。

 

 


編集」芸術、というスタイルを通して。そのあたりから、何かが結びついていく感じがしました。

・「完全壮大なるオリジナル」は作れないかも……けど、こうして、これまでの人生でこころ動かされた各種創作物を自分のなかでこねくり回して、編集(コラージュ)して、何かに出来るかもしれない
・まだ自分には、文も音もあるじゃないか。足りない「絵」は、必要な分だけ技術を学んでいけばいい。コラージュに必要なぶんだけ。細密画は出来なくてもいいや
・間違いなく楽器の「プレイヤー(演奏家)」ですごいことになることは、ない。でも、自作曲の最低限の演奏が出来て、音源に出来れば、それでいい(全く同じ理屈が、文章や絵にも言える)
・お前は結局10年間、なんだかんだで自分の創作世界「レッズ・エララ神話体系」を作り続け、捨ててないってことは、誇っていい
・お前はあほだ。「実際に手を動かして」ようやっと必要なものがわかる……

……そこが、スタートなんだ、と。


●今

 

2018年、春のM3出てきたんですよ。こういうの作って。

2018年春M3新譜 – 8TR戦線行進曲

www.youtube.com

いや、今度こそダメだと思いましたね、制作修羅場でw でも作れた。
その間、やっぱり音楽は聴いていました。主に人間椅子なんですが(影響モロわかり)、その他にも、アートスクールの、この2ndを、制作中、よく聞いていたんですよ。

なんというか、木下理樹の見たこの世界。これって、どう足掻いても揺るがすことのできない、木下の幻視なんですよ。
迷う余地がない。いや、木下自身の人生には迷う余地ばっかだと思うんですけど、結果幻視(み)ることの出来たこの心象風景は、ゆるぎない。
あるいは、彼がこれだけ迷ってきたから生まれた世界「だからこそ」、その強度はあまりに強い。そんな世界を、表現せずに死ねるか、っていうね。

で。
カナリヤさんに、まずこの盤の感想をちょっとだけ、アートのライヴ数分前に贈りつけるっていう鬼畜をした残響なんですがw

 

 

 

 

 

 

 

 
今になって思えば、この仮説の立て方も愚に近いかな、と。木下の幻視(み)る世界は美しく、木下を取り巻く世界は痛く切り刻む。そして木下が伝えたいモノはこの世界の奥底に巧妙に隠され(しかしパッと分かるときはあまりにアホなほどわかりやすい)、木下が繋がりたいと希求するこの世界は美しい。矛盾はしていない(していないのですよ!)

そういう木下の「希求」は、彼の「ソロ形態」では、十全に描き切れない。木下は自分のバンドメンバー(のサウンド)を「使って」、自分の幻視を表現する。なるほど、そう考えればアートのメンバーが変わりがち、であるというのも、納得かもしれない。「自分は表現装置じゃねえんだぞ」というアーティストシップを、他のメンバーが抱いても。それでもアートスクールのメンバーたるを選んだのは、木下という「青年」の「幻視」にとことん惹かれたから、なんだろうな、と(それでもいずれ袂は分かつ)。

あるいは。木下にとってそういう「類まれなる表現装置」である他のメンバーも、ある意味所詮は「自分が嫌った世界の一部」という風に見えるのかもしれない。メンバー……つまり、「これ」も、やがては世界の一部として自分自身を切り刻んでしまうのかな、と。
もしそういうエゴイズムが成り立っていたら、っていう完全なる仮説に基づいて話をしてるんですが、そう考えたら、少なくとも自分のなかでは話は成り立つ。

 

ただ。
それでも、それでも。
バンドサウンドを木下理樹が求めるのは、自分以外のバンド/メンバーが、嫌う世界の一部であっても。それでも……例えばライヴ。例えばレコーディングのバンドマジック。そこでさらに生まれる幻視以上の表現世界っていうのは、木下にとって本当にうれしく、喜ばしいものなんだろうな、と。だって、自分の幻視世界をも、塗り替えてくれるバンド表現世界なんですよ! おそらく、そこにおいて、木下は、他のバンドメンバーが表現してくれる、ってことを愛する。彼らの表現を愛する。あるいは彼らの人間性も……

なんだよ、木下理樹は一番のツンデレかよ! 
って話なんですがw(オチがひどすぎる

 

そこで、カナリヤさんの今回のアートワンマンライヴツアーのレポなんですが。

mywaymylove00.hatenablog.com

いろいろこのレポで紹介された曲を聴いて


木下理樹の幻視世界っていうのはこんなに多彩なのか」
木下理樹を傷つける世界っていうのはこんなに多彩なのか」
「バンドArt-Schoolの表現世界っていうのはこんなに多彩なのか」
「それと袂を分かつかもしれない木下(のアーティストシップ)っていうのも、お互いにとって大変だよな」
「でも木下はそんなバンドメンバーが好きで、ファンもバンドメンバーもそんなリッキーが好きなんだろ! こらっ!ツンデレ!」

 

というある種の確信が持てる、バンド愛のライブレポです。この記事読んだ方は絶対読んでください。

こないだ、この雑誌買ったんですが。自分のM3新譜のMIXの参考になるかと思って。

 

で、アートのインタビューがあって、戸高(トディ)の「女房役」っていうのももう堂に入ってますね。トディもトディで非常にマニアックですから(Phantom FXももうエフェクター界のトップブランドですよ)。でも、そういう人が木下の近くにいてよかったなぁ、と。「俺は俺でやるよ?」ってタイプじゃないとキツいと思います木下の女房役っていうのは……。エロゲヒロインで例えると……(やめなさい)


にもかかわらず、カナリヤさんがラストで言うように、アート木下も、アートのファンも、「んでいるはず(少なくともポジティヴではない)」と確固たる自信で言うのも、非常に納得ですね。これをさらに言い換えると、「木下も、ファンも、わたくしのような新参リスナーも、何かしらの心象風景と屈託を抱え、迷ってきている」と言いましょうか。

それで許される問題でもない」っていうのは重々承知で。
でも、こういう音楽/表現と、木下という青年(いつまでも「青年」でしょう)が居ること、っていうのは……本当「絶望の救い」という。カナリヤさんが表現なさったあの「感じ(ニュアンス)」が、オルタナ者として非常にわかる。

安易に「おれたちの代弁者!」っていうロキノン文体するの、大嫌いなんですが。別に、木下は誰をも代弁はしていないでしょう。自分たちリスナーは、勝手に木下(アートの表現)に、自分たちのいろんな心象風景を見る。それでいい。それで、勝手に救われたり救われなかったり、でも長い目で見ればやっぱり救われて少しゃ歩いている。いつか迷いも抜けるかもしれない。このクソ残響でさえ迷いをある程度抜けられたんですぞ。2017年の残響を見てみなさい。そんなの信じられるはずがなかった。信じようと一番もがいてたのが自分なのだから。

しかし、しんじなさい。いつか、やってくるから。
そんで、この文章もやっぱり、「いつか再びもがくであろう」自分に向けて書いています。多分、もがきます。またトンネルに入るんじゃないか、って思います。その恐れは重々わかる。

でも、そしたら、
「また手を動かしてなんかを作る」=
「創る手そのものにしか、自分という存在は居ない」=
「幻視が止むことない限り」

こういう結論に至ったのは、確実にArt-Schoolの「love/hate」の精神性と幻視に触れたからだし、それを紹介してくださったカナリヤさん(いや、「託してくださった」と表現した方がより適切か)には、こちらも勝手に感謝して、この文を閉じます。
なんだかんだで、自分も一周しました。
これからもどうかひとつよろしくお願いいたします。

 

帰ってきたエロゲーマー諸子百家 本当に100人ひとことコメント編

●ご説明

以前、自分は「エロゲーマー諸子百家」と題して、エロゲーマーの方々について、毎回2000字の文章で、いろんなエロゲーマーを残響がどう見ているか、という所感を書きました。

ときに先日、エロゲー批評空間で、amaginoboruさんのレビューに感想を書いたところ、あまぎさんが残響にあの「諸子百家」を好意的にお読み頂いていたことをお聞きさしていただきまして。

あの連載企画は、アレっきりにしようと思っていたのですが、しかし……あまぎさんとのレスで、「残響さんはエロゲーレビュー、レビュアーを、実地にどう見ているのか。心がけていることはあるのでしょうか?」と問われ、じゃあ実際に、自分が思いついたエロゲーマー100人」を、今どう見てるかを、ひとことコメントで100家を本当に100人バーーーっと書いてみよう、と思いました。実際にお見せするのが一番早いですからね。

ということで、一夜限りの「エロゲーマー諸子百家」再開です。ここに挙げられておられる方で、「ちょ、ちょっとこれは……(嫌」というのがおありでしたら、残響のTwitterでも、コメント欄でも、ご意見を頂ければ幸甚にございます。

 

なお、エロゲー批評空間IDと、ハンドルネームが混在しています。自分の馴染みのよい方を使わせて頂きました。そこはご了承ください。また、(  )内は運営HP(つまり、批評空間よりも御自身のHP、ブログで活動をされておられる、と思えた方)、現在HPで活動をされておられない方は【閉鎖】と書いてあります。

 

●帰ってきたエロゲーマー諸子百家 本当に100人ひとことコメント編

(1)dovさん……行動力。そしてシナリオの軋みが己の心に生じる痛みから逃げない。批評空間という場への愛

(2)メルトンさん……「セリフ=言葉」の解釈からさらに踏み出し、最近は物語の流れに没頭し身を任せるにまで至られるところから生み出す感想の情感

(3)動物性油脂さん……近作レビューでは「ハルスペリヤ叙事詩2」のシステムと物語への熱心さが記憶に残ってますが、それ以上に1/22の「性癖なんだから!しょうがないじゃん!」

(4)feeさん……最近の「つよきすシリーズ再プレイ」連載の文体のゆるやかなペーソスの味が好き。「シナリオガチ取り組み」とはまた別の味わい

(5)Sek8483さん……エロゲ音楽レビューますます冴えわたり、実はすごい私的なことを書いてるけど、なんだかそれが詩的日常の普遍的風景にも見えてくる不思議

(6)マルセルさん……最初にまずテーゼにも似た問題提起。そこからの論は演繹的というよりは、むしろエロゲプレイの長丁場における「帰納的」な感情データの収集……そこからの論説大伽藍なのではないか仮説。


(7)trumpさん……ビシビシと歯切れがよいテキスト。その指摘点はそれゆえに的確……いやその逆(的確ゆえのビシビシ)、か。

(8)よんまーさん……真咲ちゃん(天色アイルノーツ)が氏に惚れるのはワイルドさよりも、むしろレビューの「落ち着き」ではなかろうか(凍京NECROのレビューのメタル話とか、友達の家で聞いてるような親密さがあります)

(9)ななたそさん……サノバウィッチのめぐるちゃんの愛は実験じゃねぇ……!しかし意外にもレビューは親切に同志への情報を伝えてくれるんですよ。自分の情念を一切隠そうとしねぇけど(褒めてます

(10)cyokin10wさん……わりとしばしば、えろすけ近況報告つぶやき見てますw やはり「作品から正面から向き合う」がゆえに、抱える「主張」の強度も厳しくなっていきます

(11)Accord4312さん……なるほど、自分もHarmonEyはプレイしましたが、アコみたいな「社会人ヨメ」が最初からベストだったら、そりゃ最高ですよね……あ、先日のDJ楽しかったです


(12)えびさん……ときたま「なんでこんなに情報を扱うのだろう?」と思うけど……やはり愚問ですね。「情報要素をピックアップして見るから、作品のフォーカスが絞られてくる」のだから。レビューそういう書き方してるように見えるので。

(13)エストさん……「長文にガチ書き」率よりも、短文コメまとめ率が多いが、その姿勢の背筋がピンと伸びてることは、短文コメみても、長文「親愛なる苦悩と孤独へ」を見てもわかる。耳を澄ましたくなる。

(14)76421さん……逐一様々な同人作品をレビュー。語りの充実はデータベースの充実、豊穣なる海に流れる支流に道祖神佇む

(15)Planadorさん……どこかの誰かに届け!この秘められた物語よ!そしてPlanadorさんはご自身の心にも届けようとする!だから見る!考える!見る!届くとは可能性の信仰なんだ!


(16)カラスさん……スッとこちらに「事実」を見せる。その語り口には迷いなく。迷いで読者を霧のなかに置き去りにしない。その姿勢の「真実」よ

(17)Atoraさん……この方もエロゲーマーとして時間を重ねられた。その全てを肯定はしていないだろうが、時間性の重みが文章に宿る。古い木彫りの人形が、己が子に受け継がれる心地のように。

(18)4Dさん……「その発想だったか!」という気づきが、いつもレビューを読んでいて、感じる。パーソナリティ所以か、経験所以か。ともかくも視点が「新しく、滋養のある」

(19)(光)さん……プリティケ2穂波バースデーコレクションの100点文章ですが……この宝石のような316文字に敵う316文字はない。

(20)魔法使いさん……人生とは瞬間瞬間であり、瞬間において逃げることも出来る。この方はそれをしなかったという瞬間瞬間を重ねられた。だから、雨上がりのような爽やかさすら感じるときがある


(21)アミーゴさん……「納得できない」こと、を、ただヘイトでなく、もう1、2歩踏み込む。そこから見えるものが、確かにある。

(22)vostokさん(オネミリエ)……この方の文章で、何度心象風景を幻視しただろう。数えられないほどだ。

(23)ぐらさん……ボクシングで例えれば、ワンポイントからのフック。そのフックが、自分でも不思議なほどに効いてくる。その後気づけば、何かがふと大きな形で変わっている。フックだったよな……あれ?

(24)たいきさん(立ち寄らば大樹の陰)……エロゲ文化を形作るのが情報であるのならば。作品を作るのが情報であるのならば。この方は自然なる営為として、自分のために書き、残し、誰かはどこかで感謝している。

(25)ひきにくさん……「たのしい」ということは本当に大事なことなのだろう。自然なるたのしさがなかったら、誰がエロゲなどするものか、という意志が見える。前よりも。

(26)まつさん(続・這い上がれ!まつ子さん)……あのさ、「●●(作品名)おしっこレビュー」って、ブログでシリーズ化していて、そのタイトルの言霊というね。そして内容も本当にその通りなのよね。偽りがない……。

 

(27)ねずもさん(飢えた鼠はエロゲを噛みぬ)……年末年始のブログでの「恋カケ」読解もそうですが、「足りない!足りない!もっと味わいたい!」って貪欲さが、根底にあるのかな、と推察してみる

 

(28)garbagememoさん(百合妄想を聞け!【閉鎖】)……百合の気骨……!誰にも媚びない、最後まで媚びなかった!


(29)ひろにょりさん(げいむ乱舞界)……テンションで叫ぶ。プレイ日記のテンションの濃度こそがレビューなのだ。猛り、咆哮、一瞬性、それでいい、と欲す。それで好いのだ。

(30)PEROさん(エロゲカウントダウン)……ひとつの譲れないポイントというのが、どれだけエロ、性癖、キャラ、物語を豊かに見せてくれることか

(31)まれびとさん(稀神大社)……本人の私的トークと「アバターキャラの私的トーク」は、饒舌に脱線するも、「その対話の切れ端からでしか出てこられないヒント」を見出してくれる

(32)コンビニ店長さん(はてなブログの)……それでも最近もエロゲをやっておられるようで。「いわゆるエロゲ批評」はあんまりこの方は求めていないのかも。萌えにブチぬかれることの「自身の不思議」の、自己の考察というか。そこから作品論や時事論に切り込んでいくというか

(33)udkさん(udkの雑記帳)……最近はVRの同人誌活動が旺盛。思えば以前から「システムとキャラ、物語」の最前線を切り込んでおられる方であった

(34)まるまるさん(Marumaru's Tiny Plaza)……様式美や、束縛の屈託の中に官能を美を見出し続け。様式は、そのものにこそ永遠の美あめれ

(35)Nagaleさん(Nagale's Hompepage「岳流」)……15年前からの残響のエロゲ師匠。

(36)カナリヤさん(Nothing is difficult to those who have the will)……じっくりと作品と向き合う。心と心象風景の響きを聞きあうように、オルタナティヴに。その「じっくりさ」をも愛しながら。

(37)atakさん……哲学は人を幸せにするか?てゆーか他動詞としての「幸せにする」の意味性は何だ?過去の哲学史現代思想史は答えてくれるだろうか。選択肢システムの中に真理はありや?(いつか同好会誌UT-ViNos読みたい)

(38)アンパゴさん……問いと仮定を夜空に繰り返すかのように。概念に溺れそうで生きづらいのかもしれないけど、何かを見つめてもがいているように思える

(39)highcampusさん(詩になるもの)……詩を信じ続け。あるいは、人間の輝きを信じようとして。雑駁なる人生を見るも、その一環なしりか

(40)よんいーさん(そこに物語があれば)……ある過去が、忘れられない。その重みが忘れられない。今も、その日々は生き続けているんだ……という観念を、どの文章を読んでいても、思う。

(41)ゆず茶さん(すときゃすてぃくす)……例えば洋ゲーとかに対する態度に象徴されるよに、この人の知りたいものは「あっち」にある。ならば、それを知るために行く。なんでか。「自分のものとして見る」ためだ

(42)みなみさん(おすすめ同人紹介)……盛り上がれ、いや増して盛り上がれ同人ゲーム。そのためならばどのようにも動こう……そういう意志さえ、背中から見える。

(43)ユリイスさん(机上の空想ーon the armchairー)……MYTH合同ファンブック主宰お疲れ様です&頑張ってください。この作品を「神話にするんだ!」という気概に他ならねぇ……!

(44)てすさん……お元気でしょうか。シナリオをとことん読み込んでいく背筋の良さ(吹き抜ける風のような清涼感)が印象に残っています。


(45)かりかりさん……イチャラブゲーを軸にすえてずっと。しかし、段々とこう……まずぶった斬って、それからその断面を詳細に見る、っていう感じの見方にシフトされておられるような。あまりにもブッタ斬りのあとの、冷静な観察が、そうだから

(46)kazenezumiさん……本当に骨の髄まで「やりこみ攻略」ゲーマーだと思う。自分がミジンコだとしたら、氏は宇宙空間の太陽恐竜って感じ

(47)H_Nashimaさん……この人の萌え語りは、得難い上品さがあると思う。仰ってることはストレートな萌え語りな内容で、いつも上品がある。お人柄かな。

(48)litfさん……元長ファンブック同人誌「WORLD SHIFTER」読んでますよ。ときたま、ここまでの硬質というか、最前線的スタンスで、「ライターのファン」を続けられるのは疲れないのかな?とも思うけど、やはり……愛かな。

(49)Ten-lyさん……この方の、グルメレポと、超マニアックエロス一貫性は、わたしがエロゲ界において無類の信頼を置いている存在のひとつです。

(50)Pの人さん……同じく、この方の北見立花愛が揺らぐこと、というのを想定するだけで愚かしいことです。

(51)dontiさん……「求め続けてるひと」だと思う。たゆたいながら、飄々としながらも、ずっと求め続けてるって感じが、はじめてお名前をお見掛けしたときから、なぜかずっとしてる。
(52)えすおさん……去年、誰にも知られずに「同人ゲーシナリオ」を書かれていた、と知ったときの衝撃が、まだ残っている。わたしの中に。これが熱と呼ばれるものだ。

(53)けーちゃんさん……失礼ながら、最初、言葉や哲学を弄してるのか、と思っていた。違った。もがいてるんだ、言葉を使いながら、この残響のように。おれがそうだからわかる。

(54)あんぷさん……自分の勧めで「りりくる」に興味をもってくださった時は本当にうれしかった。そして、凄く「親切」な文章だと思う。理由の明示が、押しつけでなく、「こういう感じなんですよ」という姿勢だから

(55)はとこさん……こないだ、とうとうオリジナル姉弟ものノベルゲー作られましたね。おめでとうございます!あ、買いました(本当)

(56)乃茜さん……「そこで楽しそうにしているだけで、その場の雰囲気が明るくなる」っていう説明されるエロゲヒロイン居るじゃないですか、あれ、ネット越しでも、現実なんですね。

(57)きゃるんさん(fantastischer ruhm)……性癖、文体、リズム……ある個性は、その個性であるだけで「完璧」だって思えてしまう。ひょっとしたら、その文体は努力の末のものなのかもしれないけれど、まあいいや。とにかく読みものとして面白いのだから。

(58)神山此方さん(empty world【閉鎖】)……今、いずこに居られるのだろうか。透明な心象風景を持ちながら、悩みながらテキストを紡いでいっていた。創作者を志しながら。あの夏の陽炎はどこに行ったのだろう?

(59)桐月さん(私立桐月図書館)……エロゲレビュアーから(10年前以上の当時から読んでた)、本当にエロゲシナリオライターとなってしまった。そして名作をものした。英雄譚、神話と言わざるしてなんという。

(60)草薙静流さん(れ・ざむる~ず【閉鎖】)……レビューそのもののスタイルが「群像」であったがゆえに、カタハネをベストと挙げられるのは自然の流れ。この方にカタハネを教えてもらった。

(61)浅生大和さん(なでしこやまと)……長年、サイト運営お疲れ様でした。あなたの打ち立てた「己のバカップル論」は、作品レビューを重ね重ねて、ひとつの思想として把握出来る代物でした。

(62)saphireさん……この空間に流れているのは、エロゲレビューの宇宙エーテルとでも呼ぼうか。圧倒的個性。

(63)こーしんりょーさん(SpiSignal)……わたしはこの方の「趣味人生活」をとても尊敬している。


(64)益体ない話または文(の管理人さん)……忸怩たる実生活を送りながらも、誠実にエロゲを信じ続けている毎日。本当に、その考察の日々を記録し続けておられる。考察だけはやめにしないぞ、という。

(65)かめのこおらさん(かめのこおらの休憩所)……とても、居心地が良いサイトでありました。春の野原のピクニックのような穏やかな風を感じることが出来ていた。

(66)クローバーさん(続・死して屍を拾うものなし)……いわゆる「エロゲーマー界隈」と距離を置いてることはご自身も認めている。孤独なる楽しみ、から見えてくるものがある。その静かな輝きを知っているからこそ。一対一。そう、エロゲプレイは一対一。

(67)わんこスティックさん(イヌと呼ばないでっ!)……チョイスの性癖の業、そして綴る文章は、まったく「ザッツ・エンターテイメント!」であります。形となって手に取れる文章の面白さ。

(68)仔月さん(雑記帳)……何という、物語のテーマ性からの「逃げなさ」「丹念に読み込む」度合い。毎回毎回、物語と真剣勝負です。声高に「我ここにあり!」ということは絶対ない人だけど。

(69)海燕さん(Something Orange)……この人にしか書けない、この人の文章でしか他人に伝えられない何か、ってものがある。ただし、それゆえにこの方は、この方なりの人生の生きづらさを抱き続けていると思う。身を切るのが文学であり、考え続けるのが思想ならば、やはり文学の生傷が永遠に癒えることはないの……だろうか?(そうでない、と信じたい)

 

(70)ふたみさん……エロゲーマーインターネットには、妖精が住んでいる。

 

(71)にゃるらさん(根室記念館)……いつまでも、テキストサイト時代のエロゲ文化を愛している。だけど、今のエロゲも(ちょっと変な観点から)熱心に愛している。そういう意味では「過去と現在の区別がない」ひとなのかもしれない。そこにおいてだけは。

(72)雨林さん……絵を、ずっとお描きになられるようになった。「嗜みとしてのソムリエテイスティング」から、また一歩踏み出された。ここにも、英雄の新しい冒険を、わたしは勝手に見る。

(73)ウイングさん(心と幻をこえて)……ご自身も「このご時世に、新しくHTML組んでwebサイト!?」とご自覚されておられるようですが、しかしわたしはその営為に熱い賛辞を贈りたい!うちのホームページオブ百合機械だってテキストサイトですよ!(爆) そして、レビューもそのデザインにマッチする堅実!

(74)garuda3521さん……恋カケキャス、すごい楽しいです。そして、ひとつの作品からこれだけのいろいろな考えを、今もまだ!今もまだ!と引き出し続けられる愛こそが、これがエロゲプレイなんだ、と。

(75)佐倉通さん(夢の扉)……「あ~ん」シチュだけで何十記事書くねん、というのに代表されるように、この方の「執念」というのはね……。もうなんていうか、カオスを通り越えた光速って感じ(意味不明)


(76)hoshikenさん……妹への愛。すごい。すごいとしか言いようがない。もう、強い弱いを通り越した竜神のように見える。

 

(77)M.Mさん(M.Mの部屋)……ノベルゲームのテーマを、「御自身に引き寄せて」考える。「そうでなくては自分がゲームをする意味がない」とまで無言で言っているようにも思える。それが作品の価値。それが、哲学の価値。「私の人生が考察するんだ」という。


(78)晴鍋さん(社会復帰支援場)……ずっとずっとずっと、プレイ日記!一日千秋、プレイ日記!毎日の継続がプレイ日記!生きた思想っていうのの立ち上げはここからなんだなぁ……。

(79)レイシアさん(ヒカリ輝くセカイを求めて)……お元気そうで何よりでした。ターゲットを定めたら、それから「撤退」することは無いお方、と思えるようになってきた。やっぱりそれはオーディオに対する取り組み方と似ていて。

(80)こなたんさん(おいしいデザートは最後に)……この方も、やはりわたしは「趣味人生活」の体現者として、尊敬している。特撮への愛、燃えるゲーム。ブレるどころか、「ブレるって何だろう?」ときょとんとしたお顔さえ幻視するというか。

(81)べるんさん(猫箱ただひとつ)……概念を求め続ける。それにより、囚われ溺れるることもあるけども、でも、「どうしてもこれを読み解きたいんだ!」と、作中の言葉を精査する。その「どうしても!」こそが、氏の人生なんだろう。

(82)月桂樹さん(百合ゲームレビュー -Works of "L" favorites-)……確かに、あまり「百合ゲーいっぽんで!」体系的に、専門的にレビューサイトやっておられる方って少ないんですよ。しかしこの方は百合を愛し、「わかっている」。残響の趣味とは、タイトルは重なりつつも実は味わい方は異なるのですが、それでも非常に参考になる。

(83)ヒンメルさん(私情主義)……確か昔エロゲやっておられて、一時期休止して、そしてエロゲに「出戻り」された、というお話を前に聞いた覚えがあって。自分も「出戻り」だったがゆえに、そこで「わかるなぁ……」という思いを抱きました。しかし作品チョイスが独特で、そこは重なっていないw……ものの、近作の「バタフライシーカー」は直球ストレートに王道エロゲレビューでしたよかった!(その反面おとボク3は本当にガッカリ度合いが伝わってきます……南無……)

(84)RmGさん(伝統攻撃2)……「コア」エロゲーマー、という印象が……印象じゃない、本当にコアなんだ。ビシビシとハードなドラム演奏のように、率直に端的にレビューを書く、書く! 「なんとなくエロゲや~めた」というのが絶対にないだろう方、の確信がある。


(85)ヒトデちゃんさん……趣味を「たしなむ」という、そのスタイルというか、自然さ。日常を肯定してたのしんでいるお姿。きっと、ヒトデさんを人々が思い返すとき、実際にお顔を見たことはなくても(わたしだって当然ない)、「ほほえみ」というのが思い浮かぶのではないだろうか? 少なくともぼくはそう思う。

(86)たすかむさん……なかなか本業がお忙しいようで、あたるを構わずのエロゲプレイまでいけていない様ですが、しかし「私はゲーマーだ」矜持のエロゲ愛(押しつけではなく)に基づく、先達としての背中に、加齢していく自分も、幾度励まされたことか。

(87)k-pさん(りんごはおかずだよ)……シンプルなレビューを書いてくださる。シンプルに「勘所」をつかんでくださる。ただそのシンプルさは「先」を見据えた余白がある。「千の刃濤」はそこまでパンチはなかったご様子ですが、それでもオーガストへの興味と信頼は「これからどうなるのだろう?」というナチュラルな前向きな希望を見せてくれている。まったく、この「前向きな希望」がエロゲ界になかったら、それこそ界隈の死なんだなぁ、と思うほどに。

(88)Mirinさん(定時退者)……同人誌「10周年記念本」シリーズにこの数年自分も参加させて頂いてるのは、誇りです。また、「古参オタクトーク」に良い意味で磨きがかかってきていますね。この度量ゆえに皆が編集長として信頼を置くのですよ。

(89)DG-Lawさん……「受験世界史」本でお忙しいのだろうなぁと。「ピシリ!」と知性のシャープな一撃を加えるそのレビュー、その音すら聞こえる「ピシリ!」感を、いまだに記憶しているだけに、この方が「最近はエロゲやってなくて……」とブログで韜晦されてても、「現役ですやん!」感が自分のなかであるのですね。

(90)G-hunterさん……地雷「ゲー」ムを好んで狙う人、という名前の所以……「精霊湖~ミレーユの泪~」レビューは、その体現と言える強烈です。これこそがインターネットに存在するテキストの香り!(この意味どれだけの人に通じるのかなぁ?) あと、イントロの「ことば」から入って空白になってレビュー本文に入るっていういつものスタイル、超かっこいい。音楽的と言ってすらいいかもしんない。

 

(91)あろんさん(ロールバックプレイバック)……最近、「一本気なる気骨のマニア魂」を、新たに見かけることが少なくなったのも事実です。しかし、居るところには居る。一本気なる梓ちゃん(プリティケ2)への愛を主軸に、さまざまなる趣味をたしなみながら。そう、この「キャラへの愛」こそがエロゲ語りの根源たる!


(92)imotaさん……お元気でしょうか。最後に長文を書かれたのは「グレイメルカ」ですが、一級のレビューであります。テーマ性、テキストギミック性(ベイベーっ!)、熱、愛。なかなか子育てもお忙しいのでしょうが、得難いユーモアをいつまでもお持ちください。

(93)houtengagekiさん……この方の文章の「誠実さ」をうまく言い表そうとして、失敗ばかり重ねている残響。たぶん誠実っていうのは「余計なことを言わない」ってことで、そう、氏は本当に余計なことを仰らない。チョロっとしたクソいたずら心を出さない、という信頼感がある。だから誠実なんだと。

(94)oku_bswaさん……「読みやすさ」と「読み応え」……村上春樹の例えを借りれば「強いしっかりした力で握られたおにぎり」の感じ。だからそのおにぎりは腹持ちがして、滋養があって、本物の力になってくれる。しっかり噛みしめて読めば読むほど、という感じ。

 

(95)9791さん……多くの方が、この方のテキストを高く評価される。自分だってそうだ。もう、新たに書かれなくなって10年はたつのだけど、ここにあるテキストが古びると感じることは、まーーー、ない。「あれ?そんなに文字数的に長文でない?」と思うけど、読んでる「感じ」はすごい長大な内容の重みがある。

 

(96)OYOYOさん……この方のレビューは静かな「思考」という林の中に分け入っていくような感覚を覚える。林にはいろんな道がある。獣道すらある。サクリさくりと林の奥に入っていく。言葉の筋を追いながら。宵の頭上には、知性の月が浮かんでいる。


(97)もっかんさん……人間椅子鈴木研一(ベース・ヴォーカル)の代名詞ともいえる言葉「ヘヴィメタルは変わらないことがいいんです!」という本気の言葉を、ふいに思い出してしまった。この方がしゃらりと端的なユーモアでいつも居てくれる変わらなさ、っていうのが、なんだか今となってとても落ち着く。

(98)Xさん……そうか……いま思えばこの方もお見掛けしなくなって、10年くらい経つのか……。そんな感じがイマイチしない、というのは失礼にあたるんだろうか?ともかくも「Forest」レビューは名文だよ。

 

(99)残響(これ書いてる人)……いちおう、付け加えさせてください。イチャラブ百合ゲーが好きです。

 

(100)amaginoboruさん……この方の「シナリオの読み解き」は本当に信頼できる。それは盲目的に信じる、というのではない。「……?」と疑問に思うことだってある。でも、この方の文章は、よーーーく読もう、と思わせる。「信頼」とはそこにかかる。あまぎさんは意味のない文章を書かない。自分と感覚が違っていても、きちんとした思考と感性のもとに書かれた「しっかりした文章」の確信と信頼がある、っていう。(今回は、この100人コメントのきっかけとなった長文レスを頂き、有難うございました!)

8TR戦線行進曲の春M3の新作シングルについて

残響の同人音楽サークルのことなんですけど(8TR戦線行進曲)。
2018年春M3に当選はしてるんですが。春、4月末に東京に出向いて参戦するんですが。(前日は山梨にいきます)


フルアルバム(既作曲のセルフヴォーカルセルフアレンジアルバム)出せなかったです……すいません。
その代わりに、制作規模を縮小して、シングル盤を出しますReRE3。

 

秋は……秋こそは、このフルアルバムを出します……やってやるです……!

 

詳しくはこちら
  ↓

 

voアルバム「Only 8TR BattleFront Songs,Sing,sing,sing!」発表延期、新譜シングル「Report of RedsElrla 3」発表 – レッズ・エララ神話体系