残響の足りない部屋:HP百合機械別館

現在主戦場運用している「ホームページオブ百合機械」の別館ブログ

読書感想文

ひづき夜宵「つい×つい~Twins×Twins~」第一話感想と、八卦電影城の特質考察

つい先日ですが、ひづき夜宵氏が、新しいweb漫画サイト「とわコミ!」にて新連載をはじめました。 tridentworks.co.jp 個人的にひづき氏の「オリジナル新作漫画」は非常に待望していたのでうれしいのです。というわけで、この際だから自分のひづき夜宵=サー…

誰かに楽しさを教わった者は、それを誰かに伝えるべきだ!――『ガンダムビルドファイターズA』二巻読解

●今日の買い物 ●本part ・大日本絵画「月刊モデルグラフィックス」2014年九月号(いわずと知れた、主にメカ系模型雑誌。ちなみにどうでもいいが残響の定期購読雑誌) ・「月刊アーマーモデリング」2014年八月号(ミリタリー系模型雑誌) ・「ネイビーヤード…

オミットと親切さ――物語作法の最大効率と倫理

辿町さんからのtwitterでのレスに御答しようとして、ずいぶん時間がたってしまいました。 辿町うたげ氏のブログ 転々し、酩酊 辿町さんのレスっていうのは、自分がエロスケ(エロゲー批評空間)に書いた、同人エロゲサークル「夜のひつじ」の傑作「幼馴染と…

この戦争には勝てっこないってことを知る――艦隊これくしょん―艦これ―「いつか静かな海で」読解

ああ、眠ったんだ。そして、ずーっと昔のことを夢に見たんだ。 空に舞う、叛逆の軍を見るんだよ。 眠り、夢を見る。 俺はキャンプファイアーを見て、炎の中から、戦いの歌が出てくるのを見たんだよ。 叛逆者たちは、空でワルツを踊り続けてた。 the Clash「…

何のためにブログを書くか、2014年上半期、物語読解編

●前回、エロゲを「なんでそこまで読みとかなければならないのか?」という論点で〆ました 何のためにブログを書くか、2014年上半期、音楽編 - 残響の足りない部屋 何のためにブログを書くか、2014年上半期、エロゲ編 - 残響の足りない部屋 所詮我々は、消費…

「「若作りうつ」社会」の感想と個人的重い思い

※今回の記事はブログ「シロクマの屑籠」と熊代亨「「若作りうつ」社会」の読者前提で書いてる感じです。 「若作りうつ」社会 (講談社現代新書) 作者: 熊代亨 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2014/02/19 メディア: 新書 この商品を含むブログ (5件) を見る …

VRMMO転生俺TUEEE小説という「お約束形式」が「芸術表現の土壌」になった現在

web小説に関しては素人の残響です。そこはご了承ください。ですが、猛烈に書きたくなってこの記事書きます。 ――いまやVRMMOは、単なるSS、単なるジャンル小説を越境した、「これからの物語」をはぐくむ「土壌」になりつつある、と考えるのがわたしの立場です…

フミツキマサヒト「清楚な妹は兄が変態的にお好き!?」感想

サークル公式ブログ 文月堂。の隠れ家 公式通販 文月堂。 「レビューアップします!」とよく口にするものの、本当にアップするのは数ヶ月遅れで、ぬけぬけとアップして「アップした」ということにしている系男子の残響です。ほんと死なねえかな自分……。(各…

滝川幸司「天皇と文壇」における<公宴>と、平安ヒエラルキーのマクロ構造

前回記事 滝川幸司「天皇と文壇」の宮廷詩宴考察から見る、平安期政治力学のダイナミクス - 実験秋雨前線青本(書評ブログ) 天皇と文壇―平安前期の公的文学 (研究叢書) 作者: 滝川幸司 出版社/メーカー: 和泉書院 発売日: 2007/03 メディア: 単行本 この商…

滝川幸司「天皇と文壇」の宮廷詩宴考察から見る、平安期政治力学のダイナミクス

天皇と文壇―平安前期の公的文学 (研究叢書) 作者: 滝川幸司 出版社/メーカー: 和泉書院 発売日: 2007/03 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る 滝川幸司先生はわたしの恩師であり、大学・大学院時代の文学研究の師匠であられるのですが、その…

鬱ブックガイド

桜玉吉「幽玄漫玉日記」(1~6) このシリーズは、「防衛漫玉日記」「御緩〃」もあるのですが、まず「鬱の作法」を学ぶには、これ、とわたしは思うのです。(「防衛」は鬱度皆無ですし、「御緩」は末期の錯乱がすごい……逆に、末期の錯乱にいま瀕しているひと…

「なろう」とかのweb小説(異世界転生チーレム系)を自分の人生に生かすための読み方

自称書評家残響です。 こんかいのお話は「教訓的な物語」と「物語の教訓的な読み方」です。言葉遊びじゃないよ。 ●序 まおゆう以降 そこまで熱心にweb小説--とくになろう系の異世界チーレム系(平凡な人生を現世で送っている俺が、ふとしたことで異世界に…

フミツキマサヒト「双子のイトコはおもちゃがお好き!?」レビュー

公式ページ 文月堂。の隠れ家 「レビュー書きますよ! 待っててください!」 と言っておきながら、実際にレビューを上げる(形にする)までに相当時間がかかる系レビュアーなので、「あいつ狼少年の嘘つき詐欺師だろ」と白眼視されてる系男子の残響です。わ…

情景描写小説は、すげえ小説だが、すげえ読みにくい

エセ批評家・残響(ペンネーム)です。 今回は「小説を読むのがめっちゃ遅い!」というおはなしです。 ●序 なんでオレサマはこんなに小説が読みにくいのか どうも自分はフィクション(小説)が、すげい読むのが遅い。 長い間それがめっちゃ疑問だったし、【…

自殺のこと

末井昭「自殺」に、次のような文言がかかれていました。「自殺まで考えている人は書くことがいっぱいあるはずです。自殺することを決意するまでの経過や、考えている自殺の方法や、死ぬことの恐怖や、自分の頭の中にあるものをすべてさらけだしてみることで…

公開本棚・レコ棚設置

右の棚ですが、これはソーシャルライブラリーというサービスで、もともとmixiアプリでこれは知ってたのですが、どんどん拡張性が高くなり、自由に使えるようになり。http://www.sociallibrary.jp/で。どうも自分、いま何をどれだけ持ってて、何があって、何…

本を売る

買ってしまった……ZOOMのB3。これは、ベースのエフェクターであり、同時にそれをPCにつなげて音が取り込めるインターフェイスでもあり、さらに、簡易的な作曲ソフトまでついてるやつなのです。オクで。送料こみで、だいたい13000円それくらいの金もぽーんとだ…

六階とトーベ・ヤンソン

バラライカとギターが奏でる世にも美しい音色で、夜中に目がさめることがある。パパがバラライカを、カワンさんがギターをひいているのだ。ほとんどささやくような、しずかな合奏だ。ふたりはかなりはなれて立っているので、ギターがリードをとっても、バラ…

論文下書き:ヤマノススメ

ここで呟くくらいならブログでかけ!長文魔め! ↑……このツイート終わったあと自分にむけてツイートしたもの 最近twitterを多用しています。おかげでアアゥウウゥ……ブローグ秋雨が、(まだ全然だけど日数的に)放置傾向。 しかしそうではない。私はいずれ来る…

信仰告白

いや、べつに宗教を信じてるわけではないですが(ただし禅宗と修道院派キリスト教の在り方は個人的にライフスタイルの参考にしてる)、ようするに、ブログ……広義の「HP」を運営するにあたって、指針としてるサイトの紹介的意味で。http://www1.odn.ne.jp/~naga…

自由を獲得するための「それ以前」の問題

ショーウィンドー越しに「手の届かない自由」を眺める ●文章リハビリ 現在、病気――まあこころの病なのですが、より正確には神経症というか――の容態が、睡眠相前進症候群の極度バージョンになって、もうこれはいい加減まずい、と思い、必死に改善している今日…

雑惑

「○○枚CD持ってるぞ俺スゲエ」 「○○冊本持ってるぞ俺スゲエ」 ……とかって話していられるうちは、まだ「戻ってこれる」安全側かな、と先日から考えてます。 これはコレクション癖のない人間(すなわち僕)の思考かもしれませんが、数えていられるうちはまだ「…

ブログ改造&業務報告

○改名しました 心機一転というか、もともと「窓枠曲壁」名義が動き出したらブログ名変更しようと思っていたのです。 というか、そもそもはじめからハンドルネームとペンネームを統一しとけっつー話ですが。まったく。 ただ、「近代衣服の残響」ももう数年使…

本の話&同棲ラブラブル

●進捗状況 ・「聞こえリライト」37880字/38p(40字×34行)、第一話を二話に分割したので、なんとか残りの話とバランスがつけられそう。 ・というわけで今第三話執筆中。約3000字。10000字くらいで収めたいところ。 ・第三話が12月中に完成させられたら自分…

読書日記(ひまわりさん二巻)後編

●業務報告 ・「聞こえリライト」28109字/70枚(投稿先を変えるかもしれませんし、プロットも削っていきますので、最終文字数は未定に) ・投稿エッセイ「柿」:このブログ記事書いたら次に書きます。 ・最近本読みすぎ。次回あたり写真upしてみましょうか。…

読書日記(ひまわりさん二巻読解)

●業務連絡 ・「聞こえリライト」21000文字、原稿用紙63/400枚 ・筆の進みは順調なのはいいのだが、いつまで経っても第一話が終わらねぇ。これじゃスケジュールが立てられないじゃないか。おいおい。 ・ともかくも12月末までには第二話完成にまで持っていきた…

読書について

●近況(業務)報告 あ、ありのままに今(おととい)起こったことを話すぜ! 「十月締め切りの小説を1/3書き終わったと思ったら、その後十日で中編小説一編書きあげて、他の十月締め切りの新人賞に投稿していた」 な、なにを言っているのかわからねーと思うが…

after the quake/読書日記

●地震&津波 慎んで哀悼の念と一刻も早い安定・復旧を祈ります。わたしの住んでいる地域は中国地方なので、幸運にも被害はなかったのですが、それだけに、非常に申し訳ないというか、平和を甘受してしまっていることに対する自責の思いがあります。何を言っ…

読書日記:ひまわりさん

●最近自覚してはいたのですがまずい、文章力が落ちてきている。もともと無い筆力なのは確かなのですが、自分で自覚出来るようになってる時点でかなりアレです。なんというか、綿々と書き続けていく持久力の低下というか、「とりあえず内容が伝わればいいや」…

読書日記:『らき☆すた』8巻について

●読書日記○美水かがみ『らき☆すた』8巻率直に言いまして、原作漫画版のらき☆すたに関しては、今が一番面白いとわたしは感じております。 これは、前回の読書日記での「私的けいおん問題」が尾を引いて、いささか神経質に「世間の評価は気にすまい」として、…