残響の足りない部屋:HP百合機械別館

現在主戦場運用している「ホームページオブ百合機械」の別館ブログ

私的ガジェット論(3)のーとぱそこん

さあネットの害悪(あくまでもわたしにとって)を語ったところで(前回は完全にネット依存性アンチ文)、今回からきちんとガジェット論について語ることにしませう。


とはいっても、これはあくまでわたしの「こうしたらうまくいったよ!」ってなレポなんで、
みんなこうするべきだ! みたいな暴論は当然いうつもりはないです。つかそういうこと言うひとまじで○ねばいいよ。(暴言)
おのおの向き不向きがあって、わたしがこうしてネットしないほうがはかどる、いうのも、ひとによってはまったく逆だという場合は往々にしてあるわけですし。


つか。
現在のクラウドコンピューティングってやつですか?
あれありきだったら、わたしがいうとる「ネット排除」なんか、まじ時代錯誤にほかならず。
evernote使ってtunbler使って、Dropbox使って(これは仕事で大容量ストレージの場合使ってる)……
てな具合で、ネット上でファイルを管理するのが当たり前な状態。


ええ、そりゃもう、わたしもそうしたいのはやまやまですよ。
このワープロ専用のノートで、ファイル受け渡しがいちいちusbメモリに入れて、ネットにつながってるデスクトップにメモリをつなげて、それでメールでいちいち送ってるんですもの。
クラウドサービス使えば、その手間が省けることはいうまでもなく。


それなのになぜネットを、仕事パソコン(文章書きノート)ではかたくなに固辞するか、については前回書きました。
わたしはわたしを一切信用していないので、すぐそこにネットにつなげられる環境があれば、気晴らしとか、資料集めとか、いちいち理由つけてネットににげる傾向があるんですな。
そもそもその傾向を、修業的に抑えるのが、まっとうなやり方とは、重々承知しているのですが、
ああ、わたしは人間できていないんです。


もっとも、これはPCが二台以上あるという、ある種恵まれた環境だからこそ出来る芸当です。
その点、いささかの罰の悪さを感じることはありますが、しかしこのノート、ほとんど何も入ってないんですよね。
現在わたしがテキスト打ってるのは、テキストエディタです。ワープロソフトは、ほとんど文字カウントにしか使ってません。このエディタも、文字カウント機能がついたエディタに変更すれば、いよいよワープロソフトのお役ごめんになります。ほとんど印刷時の清書くらい。
てなわけで、わたしが仕事で使うソフトといったら、


テキストエディタ
・いちおうワード
・pdf閲覧ソフト


これでことたりてしまうという事実。
あとは、デスクトップでのメーラー
ネット環境は、ほとんどタブ&スマホで事足りてます。……せいぜいブログの事細かな編集くらい? デスクトップのブラウザつかうのは。


物書き・事務職の使うソフト環境なんて、こんなものです。デスクトップは、ノートではいささかやりづらい図面系統のグラフィック部門をやってますが、まあ、わたしは文屋なので、頻度は多くないです(きょうやっとったやん)。
しかし……いちおうは、ある程度の、まあハイエンドとまではいわずとも、それなりの機能はほしいのです。
なんで? こんなん数世代前のXPで十分やん。
確かにそうなのですが、それでも7のノートを使っているのは、いくつか理由があって、


1.バッテリーのもちがいい
2.ある程度乱暴に扱っても大丈夫


あたくし的にこのふたつの案件は、じつは動作がはやい以上に重要なんですな。ほとんどG-SHOCKじゃねえか。
ちなみにこれ、朝の六時に、ソファの上においてカタカタ打ってます。いま部屋の片付けしてるんです……大々的に。
わたしが昔使ってたXPは、そのあたり、弱いんですな。バッテリーすぐ切れるし。
で、そのうえで。


なぜ、それなりの機能がほしいのか。
理由は上記に続いて、ひとつ、いやふたつ(どないやねん)
DTMと、そしてエロゲです。

(次回に続く)


追記「あふぃりえいと」なるものを貼ってみます。試験的に。
いやわかってますてこれ(この記事)で売れるなんて思ってないですて。
あくまで試験的に……きちんと使いたい場合はまたそれ相応の記事かきます。