読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

残響の足りない部屋

同人DTMとか模型庭園とかエロゲとかの日記

はてなダイアリーのつかいかた

●今後のブログ展開


うわ!こいつまたブログ凍結とか言い出すつもりか!
……と、このブログを長く見てくれているかた(いるのか?)はお思いになられると思います。この書き出し。

いえ、やめはしません。
はてなダイアリー」の更新をどうするか、です。


前回の更新で、「やっぱり小説書いてた方が自分らしい」
ということを書きまして、実際小説書いて、投稿したわけです。
で、ブログはブログで、日々の思考の断片を書いて、それを小説にフィードバックする。
だいたいそんな感じの結論に達しました。


……ということはですね、アクセス数というものが、それほど重要じゃなくなったってことです。
「わたしはっ! インターネッツ上でっ! 有名人になるのだっ!」
とまでは申しませんが、ちょっとは注目されたいなー、
くらいは思ったものです。
それが、いまは、もうどうでもよくなってしまいまして。


そもそもわたくしがはてなダイアリープラスを使っていたのは、アクセス解析サービスを使うためで、
その後
1)さらにフォトプラスにすることにより、模型日記としてやりやすくする。画像的な意味合いで
2)アフィリエイトプログラム導入
といったとこで、現在のシステムに課金しているわけです。月額だいたい400円。(フォトプラスの金額)
年間にしてみれば4800円ということになります。
それをもったいないと思うか否か。


わたくしの個人的な考えからして、ネットで一国一城構えるからには、タダばっかというのはよくあんめえよ、というのはあるのですが(ほかのひとのことは何とも思っていません。あくまで自分がどうあるか、ということです。あしからず)、もうアク解いらん、となったら、「プラス」に課金する意味はあるかいな、と。
単純に4800円浮かすことができるなら、CD買えるじゃないか的な。


ノー課金にすれば、制約は増えます。
が、ブログデザインも凝ったものにするつもりないですし、アフィも使えなくなりますが、べつに今までもたいして使っていなかったわけですし……


ぶっちゃけ。
ブログをやめるわけではないのですが、現在はてブよりも、タンブラーに移行してみようと思っているのが、今回の主題です。


まず。わたくしは、はてな村というか、ここいらの論壇的なものに、まったくの関心がないという。
増田も、ブクマも、その他はてな的サービス(コミュニティ的)を、ぜんぜん使っていないのですから。
はてなダイアリーでよく見ているブログはあるのですが、「はてなというサービスを介して」みているわけではぜんぜんないという。たんにお気に入りから見ているだけですし。
第一わたくしは村社会的論壇が大嫌いなのだ。


トラックバックすらろくにしたことがなく、
ほかのブログにコメントをするわけでもなく、
炎上だの論戦だのに、まるで興味がなく、
コミュニティに関わる気がさらさらなく……


なんか人間としてだめだめなような気がしてきますが、
こう考えると、なんでわたくし、はてなダイアリーを使っていたのでしょう……。


とりあえず一回文章切ります。続きはまた書きます。もう原稿用紙三枚(1200字)なってますし。
こうやってダラダラ書きながら思考していきます。これから。
それによって、何か自分にとって得られるなにがしかを探ろうとしていきます。
たぶん、物書きたるわたくしは、そうやってしか、ろくに考えられんのではないかと。



ここから補足開始。ひとによっては腹立つ内容かもしれません。
※具体例。負の。
「人気のブログを見て、「ははっこれくらい俺でもかけるわ」的物言い」
「本気出せば俺はこの百倍いけるぜ」
「俺を見習えっつーの、こんだけ考えるんだぜクールだろ」
……まあ、わたくしも、こう思って、「アルファブロガー」に対して溜飲を下げている人種であることは、否定しません。そこまでいわなくても、その要素があることは、否定しません。
……が、文章というか、思想なんてものは、「書かれたことがすべて」であって、表現されてない「りっぱなかんがえ」というものは、「ない!」と同じ意味なんですよね。
簡単にいえば、「俺にでもできる」というひとたちは、できないひとたちなのです。
「できるひと」は、そんなことのまえに、
「もう書いていて」、
「結果としてそのテキストがある」のですし、
「あなた(自称できるひと)はぜんぜん書いてないじゃないですか」
ということなので。

というわけで、わたくしは、出来損ないの中途半端な考えでも、とにかく書いてみることにします。補足終わり。今度こそ切ります。