残響の足りない部屋:HP百合機械別館

現在主戦場運用している「ホームページオブ百合機械」の別館ブログ

はてなブログから他のブログにエクスポートしたときの挨拶記事ログ

※この記事は、本文中で書いてるとおり、はてなブログ、というかはてなふいんきがなんかいやになってしまって、ライブドアブログに全記事エクスポートしたときの、最初の記事です。

そのときのもとタイトルは、

はてなブログからライブドアブログに疲弊とともに移ってきた」

でした。

何かを煽るつもりはないのですが、まあ自分の書いた記事ということで、残しておく的な意味合いで残しておきます。

 

ーーーーーーーーーーーーーここから本文ーーーーーーーーーー

 

どうもこんばんわ、twitterアカウント、modernclothes24です。おおむね「残響」と呼ばれています。
今までブログ「残響の足りない部屋」を、はてなブログでやっていたのですが、なんだか非常に疲れてしまったので、ライブドアブログに移ってきました。

 

どこが疲れたのか?

あのー、はてな(もうはてなブログ界隈、はてな村はてな的意識体系を一本化して、はてなと称する) のシステムってとてもよく出来てると思うんです。
ライティングのサポートプログラムとか、アフィリエイトの添付方法とか、ブクマによるモチベーションの高め方とか。
で、この最後の。
はてな界隈で「承認欲求」というタームが取りざたされましたが、これ。
これを、はてなは、煽る煽る!

平たくいえば、ブクマ。はてなブックマーク
はてなにいれば、はてブがもらいやすい、ってのは周知の事実ですが、これを煽るために、いろんなシステムが組まれていました。
ブックマークなりで言及されたら、画面に悪目立ちする形でヴィコーム!ヴィコーム!と通知がくるのです。

はじめは、この通知にもたのしく「おおっ俺言及されちゃってる!」と喜んだものですが、段々これに強迫的に気にするようになりまして……

自分の病気、というか、病的な自意識肥大において、この「自分に対する言及を常に意識させるシステム」「承認欲求を煽るシステム」っていうのは、どうにも自分にとって、焦らす結果にしかならんのではないか?

くわえて、はてな村の雰囲気というのが、「ダイアリー」時代の、どこかアカデミック(ほめすぎ?)、インテリっぽい雰囲気から、金儲け主体(マネタイズ)の欲望渦巻く感じになってきた、というのが、非常に肌身に悪かった。これもまた焦らすだけだろう?と。

というわけで、今はてなはてなブログを使っているひとには何の他意もありませんが、どうも自分は今のはてなに肌が合わなくなり、このままじゃ文章を……エッセイ、コラム、紀行文、レポなどを書いていて、商人欲求に押しつぶされそうになってしまうので、そういうのが薄いライブドアブログに移ってきました。


まあもっとも、システムに責を押しつけるのもいけないんですけど。
通知がきたところで、承認欲求煽られたところで、それを柳が風、と無視していればよろしい。それは事実だ。
でも、それが出来なかった。そこからまず自分の弱さを認めなければならない、と思ったのです。
……無視できないほどに、自分もナルシスティック神経質だった、って話だったんですね。これもこれで発見だ。