残響の足りない部屋

音楽旅行と模型人生と愚にもつかないジョーク

近況報告:台風14号での被害は当方は大丈夫でした

ブログ管理人の残響です。今回はタイトルの通りです。

大型勢力の台風14号が日本列島を横断せんとしていました。私の住まうシマーネ農業王国も、台風の進行ルートにかかっておりまして、関係各位の皆様から、ご心配を頂きました。私からすれば、皆様の方が大変かと思いましたが……お心遣いに感謝致します。

今回の台風でしたが、シマーネ農業王国の中でも、私の住む出雲(県東部)は、偶然にも上手い形で暴風雨がすり抜けてくれました。なので、今回、私や家は何事もなく無事です。

ですが県西部は被害の様子がニュースから聞こえてきます。秋の実りの収穫にも、悪影響が出ているようです。

 

今回、台風の勢力・規模が剣呑でしたので、避難用リュックを用意しました。中身は若干の着替えと、常用のおくすり。スマホ、モバイルバッテリ×2、ヘッドライト。財布と通帳。そしてMP3プレイヤーと、データバックアップ保存の外付けHDD×2です。これが、ある程度の機動性(逃げる場合の)を確保しながら持ち運べる限界でした。

私の場合こういう時、レコードやカセット、本や模型は持ち出せないのでしょう……。趣味人として、こういうのは痛いところですが、何事につけても「落としどころ」というのはございます。最優先すべきは命、周囲の人々の安全、そして当座のサバイバルの無事。それからデータ、といった具合です。

 

しかし最近、線状降水帯のしらせが多くなりましたね。気象予報でそのしらせが届く度に、私は上記の避難リュックを用意するようにしています。去年(2021年)の大雨被害で凝りたというか、肝が冷えて、恐怖が刻まれてしまったといいますか。避難用リュックを拵えるのが慣れてしまったのも、これはこれでどうなのかと。

それから、台風が来る前に、裏山から水が流れても大丈夫なように、土嚢を積んだり、放水路を整備したり……。スマホやモバイルバッテリーを充電したり、ランタンを用意したり。なかなか剣呑な数日間でした。

 

キャンプをするようになって、こういう災害対策にちょっと通じるようになりました。ギアも多少は持っていますしw しかし、一番大事なのは、自分の体力と、冷静な判断力、精神力です。その上での備えですね。

 

今日、台風一過の後、一気に冷え込みました。涼しいを通り越して、寒いです。今年は冬になると、また雪への対処になるのでしょうね。日本海側は結構雪が降るのです。こちらもこちらで、備えが必要ですね。

秋。その冬までの束の間の、穏やかな光の季節をたのしみたいと思います。模型を作ったり。秋のM3はオンラインイベントを見るだけになります(サークル不参加)。キャンプもしたいですね。