読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

残響の足りない部屋

同人DTMとか模型庭園とかエロゲとかの日記

2015秋M3レポート(中編)

ライヴレポート ディスクレビュー、音楽

前回記事はこちらー

modernclothes24music.hatenablog.com

 

●M3会場にて(正午、サークル回り)

 

で、12時正午になって、KANATAさんと売り子を交代する。

まず真っ先に向かったのは、Reiche

近場(第二展示場)から回らず、第一展示場まで真っ先に行った理由とは……?

 

残「遅くなってすいません!残響ですー!」

じょーかー「お久しぶりです、1年ぶりですね……!」

 

サークル主宰、じょーかーさん(J・Weidinger氏)と挨拶を。

 

残「今回はすいません、取り置きの用意してくださって……」

 

そう、残響はReicheの作品を買い占めたい余り、じょーかーさんと陰でコンタクトをとり、これまでのReiche作品を用意してもらっていたのだ!(答) オリジナル作品、東方アレンジ作品、Keyアレンジ作品を中心に結構な枚数。

じょーかーさんは1時に会場を抜ける、と聞いていたし、またこのように準備くだすったということで、「真っ先に行きます!」とお約束していたのでした。とはいえ、こちらもサークル売り子という事情があれど……でも遅れたことには変わりなく。

ともあれ、1年ぶりということで、談笑を。じょーかーさんは、俺が最初にM3に参加したとき(2014春M3)、キョドった俺に丁寧に接してくだすったことからはじまり、そこからReicheの艦これアレンジのレビューを書いた、ということで残響を認知してくださるという経緯が。次の2014秋では、残響のトレードマークたる黒帽子一発みただけで、残響に声かけてくださいましたし。

で、その2014秋M3で買った、じょーかーさんのオリジナル作品「音鼓知進」がたいへん素晴らしいCDでして。実は俺の個人同人サークル、8TR戦線行進曲の今回出したCDの3曲目「工作たのしいな」は、このReiche音楽、そしてじょーかーさんのリコーダーフレージングに大変影響を受けている、と自己認識していて。

そんなわけで(以上のくだりは氏にもう話してある)、CDの束をうけとり、俺も自作CDをお渡しする。そんで、なんとじょーかーさん、出雲大社に行くかも、という話をなさる。ようがす、お待ち申し上げているぜ!

 

 

次に、Ariabl'eyeSに行く。

壁である。待望の初期曲収録のフルアルバムである。

なんかKANATAさんから、「第一展示場の壁、出口あたりの混雑がヤバい」という話は聞いていたのだが、自分はどっちかというと、壁を一直線に行くんでなしに、いろいろ島を巡りながら行ったので、あんま込みまくりとは思わなかったな……事実、並ばずに買えたし。

ヴォーカルの方(たぶんLunaさん?黒と蒼の衣装だったから)に「帽子にあってすね」とお褒めいただき(ありがたい)、その帽子似合ってる俺はなかなか小銭が出せなくて焦る(ダサい)。ともあれ、

残「フルアルバム超待ってました! これからも応援しています!」

と申し上げ、その場を去ることに。M3慣れたといっても、やっぱ緊張するのぅ。

 

 

そっから、第二展示場に戻る。まずは2階から攻める。

ドルフィーさんお勧めの歌謡ジャズサークル、Goldfishをやっと見つけ、二枚買う。

そして、評論サークル「オタクとメタルと私」を見つけ、これまで買ってなかった既刊を買う。いつもHP見てますよ、とも伝える。

その隣に、これまた評論サークル「音田楽」が。……これまで、実はチェックしてなかったサークルだったのだけど、ここで同人イベンツ伝家の宝刀「全部ください!」発動っっっっっっ!ww しっかり既刊全部買いましたっ!

 

 

で、1階にもどる。「もうちょいだけ!」とKANATAさんに告げ、次に来たるはMusic Load

サークル主宰・ヒロカズさんに直ぐにわかっていただき、談笑をする。快活なヒロカズさんのトーク、近日中まで超修羅場明けというダイナミックさを感じさせない元気さでありました。ただ、

 

ヒ「そういえば残響さん、30歳になったそうで」

残「そうなんですよ……」

ヒ「実は僕も同年代でして」

残「知ってます、「シュミリコ!」かHPかどこかで、86年生まれだと。ぼく85年ですけど」

ヒ「あ、ひとつ上。じゃあ本当に同年代ですね。…………なっちまいましたな……」

残「しまいましたね……」

と、快活ながらもどこかに悲哀を感じさせるトークだぜ! 今回、夏コミ新譜と、M3新譜、合計3枚買いました。

 

残「では、”推し”ごと、頑張ってください!」

ヒ「わはははは!(笑)」

※ヒロカズ氏は各種声優イベントに縦横無尽に駆け巡る方です

 

それでもって、隣接するサークルSOUTH OF HEAVENに行く。Music Loadの「ふえらいぶ!」シリーズで、ラブライブ楽曲のメロディーのよさを知っていて、

「これメタルアレンジになってたら面白いだろうな……」

と思って、サークルチェックしていたら、マジであったというサークルなのでした。

その中から、二枚をチョイスして買う。売り子のRISA★ROCK氏が非常に関西系のネタを繰り出してきて面白かったw

 

そんで次、YAMAGEN'S DEVILELIETに行く。

以前は新譜ではなく、なんと自作エフェクターを持ってくるという蛮勇ぶりを見せたYAMAGEN氏。で、買う俺も俺なんだけどさw そのエフェクターの感想を告げたら、なんかこういうのには感想がなくて……ということで、喜ばれました。よかた。そんで、待望の新譜(ちゃんとCD)を買い、「お体に気をつけて頑張って下さい!」と言う。なんか……YAMAGEN氏ってネットに出没するのが不定期で、お体大丈夫なんかな、って思わせるとこがあって……そうか、それゆえの慟哭デスヴォイスか……!(勝手解釈

 

快楽音楽堂にも行く。ブースにいらっしゃったのは、vo.ぬの氏で、いわま氏は席を外している、とのこと。

そこで、残響の顔を覚えてくだすったことへのお礼と、以前のM3でいろいろご迷惑をかけた(隣のスペースだった)ことへのお詫びを申し上げる。で、欲しかった新婦(少女帝国の序幕)を買い、ぬの氏に

残「じゃあいわまさんに、「CANONお疲れ様でした」と伝えていただけますか?」

ぬ「(笑)」

※(M3前日、いわま氏の買ったばかりのCANONのプリンタに誤動作が出ることを、twitterでいってた)

 

そんで、さすがに時間がアレなので、Crimdollに戻る。だいたい、30分~45分くらい、会場をうろついたかしら。

 

(午後からのCrimdollでのアレコレと、午後の感動再会メモリーに関しては、また次回。ガーッと書いたら、まだまだ書きたいのになんか2600字で手が疲れてしまったぞw 腱鞘炎じゃねえだろな)