残響の足りない部屋:HP百合機械別館

現在主戦場運用している「ホームページオブ百合機械」の別館ブログ

はじめに(このブログの取扱説明書)

【随時更新 2017/07/31現在】

 (この記事は常にトップに来ます)

 

このブログは、現在メインでは駆動させていません。残響(筆者)が現在メインで駆動させているページは、

ホームページオブ百合機械

(HP百合機械)という、百合趣味と模型趣味を取り扱う、昔ながらの静的HTMLサイトです。ブログ疲れたといいますか。

 

2017/07/31以降の、今後のこのブログの更新についてご説明します。

主に、大型の百合論や、大型のきちんとした模型レポートは「HP百合機械」で行います。しかし、大型のを作る際には、種々の細かい情報の素材が必要です。模型みたいにね。

 

ということで、この「残響の足りない部屋」では、基本的に

・模型工作の日々の日記

・エロゲ、ノベルゲー、オタク界隈の情報のメモ

などを、カードメモ式に取り扱って、情報の整理と拡充を目指します。

 

なお、まとまった大型百合論の記事に至るまでの、日々の百合論の思索道程についてですが、それはこちら「ゆりろぐ(仮称)」にて、ダラダラ書いていきます。メモ的に。

 

そんなわけで、これまでエロゲや音楽などについてダラダラ語ってきた「残響の足りない部屋」ですが、ホームページオブ百合機械との兼ね合いを考え、記事upの方針を変えることにしました。

もしこれまでの「足りない部屋」の”感じ”に好意的な感情を抱いておられる方がいたら申し訳ないですが、しかしこれからの更新を、百合者として、模型工作者として、よりパワフルにしていこう、という趣旨での変更です。何卒、宜しくお願い致します。

 

つまるところ、「カード、メモ式」にこのブログに文章を投下していく、っていうことは、「まとまったしっかり記事」じゃないので、ある程度荒っぽい更新・クオリティになると思います。しかし……いままでもそうでしたね、このブログw

 

また、過去に書いた記事(このブログのとか、エロゲー批評空間のとか、他媒体へ過去寄稿さしてもらったのとか)を、HP百合機械のほうで、リプライズというかリメイクというか、あとがき付でもう一回展開してみようと思います。あのころと今ではどう変わったのか、とか。それはこのブログでやるのとは、ちょっと違ったことなのです。

 

最近は、エロゲー批評空間にいろいろと書いたりしています。

残響さんの新着コメント ErogameScape-エロゲー批評空間-

残響さんの音楽コメント(新着順)

 

また、岡山行ったりしてましたんで、旅行記を書いてます(HP百合機械内)。

岡山旅行記1

 

そんな感じです。ではでは

 

残響@modernclothes24

twitter.com

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【その他ご報告】

森山鉄道模型店のご紹介 - 残響の足りない部屋:HP百合機械別館

コメント頂いておきながら、長らくこのブログを放置していてすみませんでした。

ねずら」さんへ……ありがとうございます。出雲の残響です。この度はこのような暖かいコメントを頂いて、感謝しております。現在、自分は森山さんとこで買った種々の素材を使って、ごうつホビー祭りという催しに参加しようとしています。

そろそろこの「森山鉄道模型店さんのご紹介ページ」は、リメイクしようかと考えています。またモノが拡充されましたからね……森山さんとこは……!

「自然と模型の調和と融合」メモ2

modernclothes24music.hatenablog.com


半年(以上)ぶりの更新となります庭園日記。
さて、前回の様子はこんなんでしたが、(写真↓)

f:id:modern-clothes:20160613201133j:plain


今年はどうなったかというと……
残ったのはゴムの木だけ!あとは花も木も全部枯らしました!
……残虐者だ……虐殺者だ……。

 

さて、改めてこの「庭園日記」タグで管理している、庭園趣味園芸企画「自然と模型の調和と融合」ですが、これは、自分がこそこそやってる園芸の記録と野望を書き記そうというものです。
よんいーさん(「柚畑はっさく」氏としてのエロゲライターデビューおめでとうございます!)のブログ記事
「雑記、家庭菜園「まさか野菜作りにここまでハマるとは……」」の御執筆を期に、自分でも以前からやってた園芸の記録を書いたほうがいいんじゃないかと思いまして。

その目標=「庭園鉄道」「模型のある自然」については、軽く前回書きました。
そう、この企画は、そもそも自分の趣味「模型工作」あってのことです。自分が挑む園芸(自然)と、自分がつくる模型(人工)とが、どこまで調和するかの実験です。

 

前回も書きましたが、自分という人間は、徹頭徹尾「インドア派」の人間でした。泥あそびなんてばっちい! 園芸? 庭遊び? お外であそぶ? 信じらんない! 家の中で模型やエロゲをやるよそれだったら!という人間でした。
祖父や母は園芸の趣味が多少ありましたが、自分がこんなんだから、祖父も母も、園芸趣味には誘おうとはしなかったのです。
そもそも自分の園芸も、誰に言われるわけでもなく、勝手に始めたもの。祖父や母や、近所のひと(ここは田舎です)に教えを請えば、上達は早いとは思うのですが、ある程度までは自分独りでやってみたい。そんな我儘ごころです。
とはいうものの、独りでやるにおいても、指針というか、ロールモデルみたいなものは欲しい。自分が園芸趣味者としてどのようにありたいか、とか、目指すべきところはどこか、とか考えながらの指針。
もちろん、前回の記事で書いた森博嗣博士や、よんいーさんの在り方も参考にしてますが、残響さんと前提条件が結構違うので、「リスペクトする遠き彼方の方々」ではあるけれど、もっとこう……心の中に常に居て、自分を励まし、鼓舞し、時にいさめてくれるような存在はいないか……と思い……ふと、ある少女(ひと)のことを思い返したのです。


■師匠


紹介します。師匠です。姫川穂波さんです。

 

f:id:modern-clothes:20170316180126j:plain


この方はHibiki works「PRETTY CATION 2」というエロゲのヒロインでして、実家が花屋「フラワーショップ ほなみ」の一人娘さんなんですね。そしておれの殿堂入りヒロイン。ウォーッ、穂波ーっ!


は、絶えず読書と草花を愛する心優しい少女です。見てください、この仕事中の生き生きとした表情を……。
花には常に優しさを。そして読書というインドア趣味をしながらも、心は常に自然を愛す。
草花への知識も豊富で、お客に対して、求める花の的確なアドバイスをします。

 

思うのですけど、園芸って、「強制」されて義務でもってやると、一気に楽しくないですね。学校の生物の授業で草花を育てたことがありましたが、自分がインドア派っていうのと同じくらいの理由で、「やらされた」から面白みもなかった、っていうことがあります。
でも、自分から進んでこうして休日、園芸をしていると、心が優しく洗われますね。いい汗をかいたという気持ちがすばらしい。

 

つい、読書というか、知的営為というか、理屈と言葉の世界にいると、「手を動かして行動をする」「手を動かして自然そのものと触れ合う」ということをおろそかにしがちです。
それはある意味で、読書(知的営為)の負の側面であるかもしれません。理屈・理論がこの世のすべてと思ってしまうかのような、リアリティの喪失。

 

ところが穂波、いや、師はどうですか。彼女が理屈一辺倒になって、リアリティを喪失したことはありません。日常に生きる少女……。
おっと、語りすぎてしまいました。

では、以降の日記は、師の教えを請いながら、園芸日記をつづっていくことにします。心はいつも咲宮町商店街のフラワーショップ ほなみでございます。

 

■インストラクション・ワン「マホイミの教え」

今年の様子です。

f:id:modern-clothes:20170316181125j:plain

で、独学と、園芸的怠慢の結果、枯らしてしまった草花。
これでも、前に比べれば、日にきちんと当てて、水もきちんとあげて、ってことをしてきたのですが、結局冬を越すことは出来なかった……。
敗因は、

(1)夏の猛烈な日差しを防ぐのを怠った
(2)冬への準備を怠った

この二点だと思います。っていうか、水だけやってればいい……ひたひたにするくらいの暴虐的な水でなければいい、みたいな甘い考えが、草花の「命」を殺してしまったわけです。

 

師(穂波)「だめだよ、水を注ぐのは、愛を注ぐのでなくちゃ」

 

し、師匠?

 

師「ダイの大冒険で、ブロキーナ老師がマァムに閃華裂光拳を伝授するとき、マホイミ(過剰回復呪文)の概念を教えたでしょ?

 

そうか……マホイミとは、「過剰なまでの回復呪文を強引に押し付けると(生体過剰活性化)、それは生体組織を壊す、攻撃呪文となる」というダイ大オリジナルのドラクエ魔法です。そこで語られていた比喩は、確か「水や栄養を与えすぎると、草花は死ぬ」みたいなものであったはず。しかし愛とは……?

 

師「過剰すぎる愛も同じなんだよ」

 

なるほど、師よ……深い……。さすがは、読書と園芸を同時にされる師であることよ。つまりは、無計画・無思慮の愛(水)もまた、悪であると……。
そして、草花の育成は、全体を見なければいけない、と前回のブログ記事で書いたばかりだというのに……。

 

■今回の花々

さて、今回の花ですが、ホームセンタで買ってきました、苗と種を。

・パンジー
イベリス

f:id:modern-clothes:20170316181146j:plain


・名前忘れたけど、なんか赤い花
キンレンカ(ナスターチューム) 

f:id:modern-clothes:20170316181157j:plain

 

といったラインナップです。

 

師「花の名前はメモっておくようにっ。花言葉も探せないし、育て方も調べられないでしょ?(怒」

 

し、師が怒っておられる……す、すいません。以降はきちんとメモります。というか当たり前ですね……。
パンジーを選んだのは、まぎれもなく師リスペクトです(穂波ルートネタバレ
イベリスは、なんか花の白さ&形が格好良かったから。かっこよさは大事です。

 

師「花を模型と同じみたいに表現しないようにっ」

 

ウス。気を付けます(たぶんまたやる)。
赤い花は、もっと気合入れれば、結構育つ勘がしたので、ここは腕の見せ所ですね!
で、キンレンカ(和名)のナスターチューム。
これも、写真で見る限り、花の形がかっこ……ゴホゴホ、なかなか素敵に見えたので、ちょっとやってみようかと。
これまでは、苗や、観葉植物でしか育てたことがなかったので、種というのは、一つのチャレンジです。

 

■植木鉢童貞


そして、今回から、これまで使ってきたプラスチック製の鉢ではなく、レンガの植木鉢を使ってみることにします。
これで植木鉢童貞を捨てる格好になるぜ……!(おおげさ

で、パンジーと、イベリス、赤い花。それと、唯一生き残ったゴムの木を、植え替えました。全部植木鉢で。
ひとつだけプラ製ですが、これまでの鉢の1.5倍はある大きな鉢&たっぷりの土でやってみることにします。
ついつい、土の入れ替えをサボってしまい、栄養の循環がいき通らず、花の出来をしょぼくさせてしまっていたのがこれまでです。より鮮やかに、大きく生やそうとしたら、たっぷりの土が必要なのだとわかりました。今更。

f:id:modern-clothes:20170316181230j:plain


それから、キンレンカの種ですが、大振りなプランターで植えることにしました。
バーッと撒いて、土をかけます。これまでこのプランターは、土を入れといて、時折腐葉土とかと混ぜて、そこから小さなプラ鉢に入れるためのボックスとしてしか使ってませんでした。
しかし、「大きいことはいいことだ」の精神でもって、今回はここに一気にドバーっと肥料や腐葉土を混ぜ込んで、栄養のある土にして、種を育ててみることにします。
何分、前述のように、種から育てたことがほとんどないので、これはひとつの実験です。どうなることやら。

しかしまあ、作業してみて、やっぱり気持ちよかったですね。最近、仕事で結構煮詰まっていたものですから、ストレスが溜まっていました。
それが、結構この休日園芸作業で、解消されました。
ということで、今回は模型成分なしですが、園芸は素晴らしかった(当社比)ということで!

 

師「あのことは言わないの?」

し、師匠……。

 

師「言おう、ね」

 

アッハイ。
えー……。
実は、プランターだけではどう育つか不明瞭だったんで、プラ鉢に、ちょっとだけキンレンカの種を入れて、土を入れたんですね。
で、写真のようにセッティングして、さあ片づけよう、まずは、植え替えていらん土を入れた、これまでのプラ鉢を捨てて……っていうふうに、プラ鉢の中の土を庭に捨てていったんですね。

……はい。もうお気づきでしょう。
キンレンカの種をちょっと入れたプラ鉢、他の土と一緒に捨ててしまったんです……
キング・オブ・クソとは残響さんのことでありました。まる。どっとはらい。涙。(オチ
どーして自分の人生ってこうかなぁ?(大体模型でもこういったバカ凡ミスをします)

f:id:modern-clothes:20170316175448j:plain

後ろからのアングルが、また良いです。

 

(つづく)

(この記事群は、いずれ自分のHP「ホームページオブ百合機械」でレポートとしてまとめる予定です)

 

作家別・残響さんが好きな漫画家・これまで読んできた漫画家紹介(1、殿堂入り編)

前書き

「そういえば自分、漫画(漫画家)について、総論的に語ってなかったな……」と思いました。それは「オタクとしての恥だ」と痛感した31歳の春。

この度から、何記事かに分けて、「作家別」で、漫画家紹介をやってみることにします。

第一回の、各作家は順不同です。ですが、どの漫画家も、自分にエラい影響を及ぼした漫画家です。

 

古賀亮一

ちょっとそこの股間から生えたポワワ銃に白い天使(ブリーフ)をかぶせたまえ! 奴がブサイクスレイヤー(布団叩き)を持ってやってくる! 何?君は俺のお嫁さんになることが基本的人権を尊重することだっつーのっ!

適当に言葉を並べましたが、だいたいこんな感じの、あまりにも独自の言語感覚&テンション。自分がブログやえろすけ(エロゲー批評空間)で、妙な英語や下ネタ交じりの文体になるのはこのひとの影響。

主に成年漫画において「ゲノム」という下ネタギャグ漫画を。電撃で「ニニンがシノブ伝」「電撃テンジカーズ」などの下ネタギャグ漫画を執筆。

お勧めは「まずゲノムとシノブ伝から」というのがファンの共通見解ですし、自分もそう。というか古賀センセは芸風というものが完全に確立していて、とにかく「古賀ワードと緑のハンサム(黄色い美少年)のやらかすこと」を楽しむのがダゴイミです。


八房龍之助

現在はスーパーロボット大戦のコミカライズをやってますが、とにかくこのひとの

「J&Jシリーズ」
宵闇眩燈草紙
というオリジナル二作(相互に関連しあっている)はあまりにもツボすぎました。ケレン味のありまくる言葉、アクション。人生に対する皮肉。グロ描写におけるユーモアと、端正さ(これは矛盾でなく)。
「ヒトがヒトを区別するのに、「自分」と「他人」以外に何か必要なものかね?」

 

夜麻みゆき

長きにわたる闘病生活のはてに、現在少しずつ復活をとげていますが、ともかくも全盛期の彼女……黄金時代のガンガンにおいて、確固たるファンタジー作風で我々を幻想の魅了に叩き込んだひとです。

オッツ・キィム三部作と呼ばれる、「レヴァリアース」「幻想大陸」「刻の大地」は未だに圧倒的……!コミカルな要素を絡めつつの、哲学的洞察を、一歩も引かず、寂莫たる筆致で描く、詩情。

 

内藤泰弘

トライガン」(続編・「トライガン・マキシマム」)、「血界戦線」(続編・血界戦線 Back 2  Back)

この人のは、長編「トライガン」、連作短編「血界」どちらも必読です。漫画の最前線を90年代から今なおひた走りつづける! 圧倒的ダイナミクスと細部へのこだわりを見せる絵に、人間の誇りから一歩も引かない矜持の言葉。そして……銃! オリジナル兵器! クリーチャーデザイン!

 

平野耕太

ヘルシング」「ドリフターズ」「以下略」

ケレン味といったらこの人を欠かせまいよ。有名な「少佐演説」は一部にすぎない。そして絵もまたケレン味! デッサンの狂いを味にまで昇華させるのはこの人のお家芸。そしてベタの黒は美でありながら、狂いの美。ベタだけで魅せる……! アナログ的な漫画表現のすべてを駆使して、こちらに叩き込んでくるのは、歴史ネタを持ち込みながらの「狂える格好良さ」!

「言葉の妙」を楽しむ作家といえましょう。絵が人物の哲学(狂い)を語り、言葉が意味を暴走させ、どんどん加速していく! そしてその言葉の「調べ」はもはや音楽であります。

 

竹本泉

。天使。もはや自分が「こうありたい」と思わせる作家。

癒し……というか、「変な話」の作家。キャリアはもうン十年と相当長いのだけど、可愛い絵(線がやたらと太い)、あっけらかんとした画風、コマ使いで、あまりにも「変」な話を繰り広げる。

もう100冊以上単行本が出ていて、一時期そのほとんどを自分も持っていましたが(さすがに「だしなおし」までは追いきれない)、代表作は……というか、どれもこのひとのは「短編」なんですよね。なので、「どれをとっても竹本先生」ですし、どれをとっても、先生いうとこの「いつもの」です。

しかし……この「変」さは、いつまでたっても竹本泉先生!自分が唯一「先生」をつける漫画家です。崇拝してます。

 

小島あきら

まほらば

もはやこの人を「ポストラブひな」で語る馬鹿はおるまいよ。初期こそそのフォーマットを使いながらも、あまりにも独自の「やさしさ」を表現した、「単なるラブコメよりも深いところを描いていった作家」であります。

オタクでなくてもこの人の作品は楽しめる(実例アリ)。オタラブコメの先の先にまで、静かに行った人。その作風は、漫画的ギミックを多用しながらも、箱庭でキャラを動かして、調和的世界を描く。だけれども、その調和的世界は、浅いようでとても深い。ある意味で虚無性とも近いけれども、この人の描くものは、とても優しい。人間性を、絶対に裏切らない作家。

 

桜玉吉

……鬱!そしてユーモア!

ギャグでもって迫る。その人生の鬱を。「自分が自分であるってだけで鬱になる」というどん詰まり。「ああー……そりゃー、もう……、漫画描いてる自分、でえっきれえ!」

離婚、精神病、鬱、人生の暗黒を経験して、それを私小説的に描く。なんで自分はこうなんだろう、という自虐を、しかしいつも独自の言語感覚のユーモアでもって描くから、読者は「いつも玉吉が心配になる……」というふうに、放っておけないw この「放っておけない」度合いでの愛され方というのが、玉吉ファンの特質でもありますw

「〇〇漫玉日記」はどれも好きですが、一番は「幽玄漫玉日記」かな。ポップさが際立ってた頃です。

 

山名沢湖

メルヘン……!

コミカルで繊細な日常に潜む「詩情」を描くひと。長編「つぶらら」も面白いコメディでしたが、より本質に迫っていくのは、短編集「白いふわふわ」や「スミレステッチ」でしょう。もちろん連作短編「レモネードBOOKS」は全活字趣味者必携。

どこまでも繊細。それでいてユーモア。玉吉と違って、人生の闇は触れないけど、人生のちょっとした面白さに対するセンシティヴィティは失わない。最近はより対象を、以前の「少女性」から、「大人性(アダルト)のなかの少女性」にフォーカスを移したかな。いつになってもメルヘンな作家であります。

 

双見酔

短編純文学コメディカル作家。画面が白い。しかしその白さは手抜きではなく、圧倒的な虚無を描くための白。いつもコメディと毒でもってこちらに迫るけど、読後感は「やってくれたなふたみん……!」という圧倒と、寂莫とした虚無感覚。でも、ラブコメを描くと、繊細な心情の心の震えをしっかり描くので、タッチは柔らかだけど、重量感はヘヴィ。

漫画とはかけた労力の「努力賞」ではなくて、センスとコマ割りなのだな、という好例。個人的にはジャイブから出てる「好き もよい」「恋ときどき」がベスト。もちろんニート漫画「空の下 部屋の中」、脱構築勇者もの長編「セカイ魔王」も素晴らしく。

 

熊倉裕一

王ドロボウJING」(KING OF BANDIT JING

はじめはボンボンで、そして掲載雑誌をうつして「King~」を。とにかく……この人の絵は、芸術であります。もはや書き込みは異次元。そしてその書き込みすべてに意味があり、言葉に意味がある。我々はそれらから、主人公ジンと一緒に「謎解き」をするのです。

圧倒的発想力、過去の元ネタを大胆に読み解き再構築、世界のどこにもない独創世界を当たり前のようにこちらにひょい、と渡してきて、その圧倒的芸術の箱庭にこちらは幻惑されます。

頼むーっ!生きていてくれーっ!どこかでいいんで生存報告してくれーっ!

 

小宮裕太

癒しのいちゃラブの神。

この人の特質は、とにかく「キャラ」を大事にするところ。基本的に短編よりも中編のひとだと目していますぼくは。

そのキャラクター造詣は、若干の薄暗がりを含みつつも、それがエロへと繋がり、はてはそのエロも含めた独特の「小宮ヒロインズの静かな輝き」に昇華されます。

絵ももちろん繊細。

殿堂入りは、もう……「沢渡さんシリーズ」。自分はこのキャラ(と主人公のカプ)で、5年間、毎日妄想しきりました。冗談抜きに5年間、毎日です。現在進行中です。神。

 

冨樫義博

レベルE」が好きです。そして「HUNTER×HUNTER」の32巻が好きです。この巻は手抜きなんかじゃない。

ロジカルにどこまでもキャラと言葉を精査する完璧主義者。これだけ「富樫病」がわかっていながら我々が読んでしまうのは、キャラの哲学、世界観の精妙、設定の面白さ、そして「言葉」に宿るどこまでも富樫節があるからです。

背後にあるのは……やはり、ある種の虚無性です。ワンピースの世界は広大ですが、虚無はない(それゆえの豊饒さですが)。富樫のこの大陸は……暗黒大陸を含めたこの世界は、死のにおいがどうしたってする。そして人間と、人間以外の虚無が、ずっとある。虚無のにおいが、どこかにある。だから怖く、だから目を離せない。

 

 

とりあえず、まず第一回はこんなところです。また追記します。

(この作家別紹介は、「止まり木に羽根を休めて」の「作家別読書紹介」に影響を受けて書き出しました。スタイルを見比べれば、自分がfeeさんのをパクってることは明白ですね。当該ブログ管理人・feeさんには、そのあたりの許可をとってあります。feeさんには、重ねて、御礼申し上げます)

止まり木に羽根を休めて : 作家別読書紹介(古い海外小説編)

止まり木に羽根を休めて : 作者別読書紹介(古い海外SF編)

止まり木に羽根を休めて : 作家別読書紹介(古い海外ミステリ編)

ひづき夜宵「つい×つい~Twins×Twins~」第一話感想と、八卦電影城の特質考察

つい先日ですが、ひづき夜宵氏が、新しいweb漫画サイト「とわコミ!」にて新連載をはじめました。

tridentworks.co.jp

 

 

個人的にひづき氏の「オリジナル新作漫画」は非常に待望していたのでうれしいのです。
というわけで、この際だから自分のひづき夜宵=サークル・八卦電影城ファン歴を思い返すとともに、新連載「つい×つい」の感想を書きたいと思います。だって公式サイトの感想コメント欄、長文書けないっぽいから……(やるなよ3000字)(この文章の文量デス)

 

●エロゲSD原画・コミカライズの領域で


主にひづき氏は、商業において、「ゲームのSDイラスト」と「ゲームコミカライズ、四コマコミカライズ」を手掛けています。批評空間でのサマリーはこちら。

ひづき夜宵 -ErogameScape-エロゲー批評空間-

SDイラスト原画では、最近作ではエロゲ界の鬼っ子・すみっこソフトの新作での仕事もあります。
が、とりわけ個人的に記憶に残っているのが、小ネタたっぷりの「不定期Ricotta通信」でして。

 

まるで瓦版のような、Ricottaの「ワルキューレロマンツェ」関連のニュースを、かわいく、情報量ゆたかに、かつ小気味よいクリスプなネタでもって描かれてました。結構これTLのRTで流れてくるの楽しみにしてました。

 

記憶に残っている、といえばゲームコミカライズ。一般的には「Rewrite」の四コマの方が有名かもですが(「OKA☆KENブログ」)、
実は、わたくしが個人的にひづき氏の名前を記憶に留めた最初は、「恋姫†夢想」のコミカライズ。
原作キャラを、アクション多めのストーリー中で動かしやすいようシンプルに漫画デザイン。それでいて勢いの良い線でまとめて、キャラの可愛さを保ちながらちゃんとした戦国絵巻を、公式ストーリーに乗っ取ってやっていこう!という気概がありました。なので、その当時の雑誌「電撃G's Festival! COMIC」の中でも、結構記憶に残っていたものです。

 

●艦これロシア&レシピ同人誌

そんで同人のほうでは、これはもう「ロシアと料理レシピの艦これのひと」と目されているようです。
現在艦これやラ!(ラブライブ)同人……のなかでも、ちょっと変わった趣向の同人誌を多くドロップされているひづき氏。
それは主に響(ヴェールヌイ)を主役にした「第六駆逐隊」ものですが、この題材が……ご本人のたゆまぬロシア愛による、ロシア語講座、ロシア旅行記というものです。これはもう艦これ同人のある種の極北というか。当然ながら内容はいたって楽しく、ぼくのような旅行記好き(中学の時分に沢木耕太郎深夜特急」にヤラれて以来……)には非常に面白いものでして。


集めておりますよこのように

f:id:modern-clothes:20110502203619j:plain

 

「エロゲでSD書いてるひとは大抵漫画も面白い」

という法則を前々からわたくしは唱えてまして。
実名で例を挙げるだけでも、こもわた遙華(「ら~マニア」がいかに数年前のわたしを救ったか)、鳥取砂丘(フェイバリットは断固として「G専ラフスケッチ」だが、ええい「境界線上のリンボ」の再開はまだか)、都桜和(音楽系萌え四コマにおいて「うらバン!」が鋭く切り開いた地平よ)、そしてひづき夜宵、である。我が軍は圧倒的ではないか!

ですが、あの艦これロシア同人誌の数々が限りなく「オリジナルコンセプトに基づくもの」とはいえ、やはりひづき氏の「オリジナル作品」を読みたい、という思いはありました。

 

●「ピコっとチョコラ」とひづき時空

 

というのも、彼女にはオリジナル処女作「ピコっとチョコラ」がありまして。
この漫画の地味なファンであるのですわたくし。

 

ピコっとチョコラ1 (Flex Comix)

ピコっとチョコラ1 (Flex Comix)

 

 

内容は、「浪人生三人組のもとに魔法少女三人組が次々やってきてガヤガヤ」と一言で表してしまえばそうなのですが、しかしひづき氏処女作から最近作まで振り返ってみて、この時点(2008年作品)特徴的な部分がいくつもあるのです。

  • 動と静を使い分ける漫画的技量(シラっと爆弾発言をカマしたりアクションをカマしたりするとこ)
  • 加えて「あと一歩のアクセルをためらいなく踏み込む」オーバーアクションがかわいい(キャラに無理をさせていない)
  • 描線による時間の流れがほっとする

一番最後が「?」と思われるかもしれませんが、詳しく説明します。

ひづき氏のイラスト、漫画の線はキャッチーなものであります。スレンダー、ロリ傾向の少女を描くシチュが多いだけに、線は清冽。しかし時として「ちょっとシャープであっさりしすぎてない?」と思わせる「こってり感のなさ」があります。
ですが、漫画とは面白いものです。その「こってり感のなさ」が、おだやかな漫画内容、かわいく立ったキャラ、それでいてアクション豊かな描写と相まって導き出されるのは………
………ひづき漫画・イラスト本の特徴は「静かで清冽な線のキャラたちが、ややテンション高めに動くことにより、漫画・イラスト全体が生き生きとしてくる」ということです。
ひづき氏の作品には「無限の広がり」はないけれども、絵葉書などの一枚絵にも似た、ある切り取られた空間の中において、実に居心地のよさそうな時間・空間の流れを、ひょいっ、と簡単にこっちに出してくれる。

 

同時にひづき氏は「余白」の使い方が実にうまい。うますぎる。
余白のない、空間恐怖症気味のきつきつイラスト、というのは、ひづき氏の漫画にはありません。
背景を書くにしても(ロシア本を思い浮かべたり、あるいはレシピ本でもいい)、ぽっかりと空気をそのまま描くような「余白」を残す絵であったりします。
これが、ほっとする。ああ、ここにはちょっと優しい時間が流れてるんだな、という感じで、延々と「ピコっとチョコラ」やロシア旅行本を読んだりしてしまうのです。

 

●新作「つい×つい~Twins×Twins~」

さて、長々語ったところで。

今回のひづき氏待望のオリジナル新作は、「ダブル双子姉妹」ものです。

双子の「似てない」姉妹が、お隣さんの「似てない」双子姉妹との、ダブル双子姉妹・ほのぼの日常コメディ……百合はあるのか!百合は!ええい!はよ!はよ!(バンバン!<机

うまいな、と思ったのは最初のページの「実によく似た茜と葵」の描写から、次のページでドン!と「かわいく似てない茜と葵」というダイナミックな対比でございます。姉妹ここにあり!このかわいさのキャッチーさを当たり前のように描写するのはさすがです。

とはいえ、これまでのひづき氏の美点……アクション多彩なのと、同時に優しい時間の流れ方。画面もいつものほっとするひづき画面であります。

しかし……難点があるのも事実。いきなり四人を「キャラが立つ前に」放り込んだこともあって、ネームにおけるセリフの過積載が目立ったというのも。

「ネタの過積載」

それを考えてみれば、「ピコっとチョコラ」にも「恋姫コミカライズ」にもその傾向はありました。ここのところで一枚絵艦これTwitterイラストでの「情報量が多くありながら余白がある」という、「静かなるキャッチー」を何度となく見てきたので、当たり前と思ってましたが、ひづき氏にはこの傾向がありました。
もちろんこれこそがひづき節でありますので、さんざん世話になっといて今更足向けるかよ的な批判でありますこれは。

見かたを変えれば、新連載において非常に力を入れた、とも言えますし、力が入ってしまった、とも言えます。とはいえこの難点傾向は、第二話、第三話を見てはじめて正確に指摘できる部分でもあります。次回以降さらにキャラ増えるのだったらちょいキツいかなーという懸念は無きにしも非ず。

しかしファーストインプレッションで誰がいいか、といったら、これはもうミステリアスな、お隣さんの姉の方、深春ちゃんであります。どことなくクールでありながらユーモアを忘れない……あまり艦これ同人との比較をするのも問題ですが、さすがに響/ヴェールヌイを描き続けて、この手のキャラの魅力の神髄をつかみにつかんでいると言わざるをえんや!

 

というわけでわたくしはひづき夜宵先生の久しぶりのオリジナル連載をたのしみにしております。

対談ブログ(現在ラブラブル対談編)やってます

zankyofee.jugem.jp

 

現在、上記のブログで、feeさん(ブログ「止まり木に羽根を休めて」管理人)と対談記事を不定期でアップしています。

副題として「シナリオゲーマーvsイチャラブゲーマー」とありますが、ぼくから見て、feeさんは自分が以前エロゲーマー諸子百家で書いたよう硬派な「シナリオ重視、シナリオの豊かな深みを味わうエロゲーマー」でありまして。

その方に対して、ぼくは一介のイチャラブゲーマー。萌え豚……というか、いちゃラブ観測をエロゲプレイで第一とし、始終脳内妄想、脳内イマジナリーいちゃラブに励んでいる軟派エロゲーマーであります。熱き鋼の刃(fee)vs爪楊枝(残響)って感じ。

しかし、あまりに立ち位置が違うとは逆に化学反応でありまして……これがまたお話がはずみまして。少なくともこれだけの文量をカマすくらい語っております。ざっと現在までの目次を書きますと、

 

・ 本文に入る前に

・ジャンルの定義について

・『こみっくパーティー』はシナリオゲー!?

・こんなにも違う『さくらむすび』の捉え方 

・エロゲにまつわる妄想あれこれ
・SMEE「ラブラブルについて」(現在までで五回!)

イチャラブゲーにおける糞シリアスという概念(導入部)

処占厨の話

本当はダーティーな『DRACU-RIOT!』(嘘)

 

……かなりバラエティに富んでおります。ありがたくも、様々なご意見ご感想を承るまでになりました。

現在はSMEE「ラブラブル」の対談の最後……と思いきや、当対談ブログに「おたより」を頂いたので、それに基づいての対談をさらにカマすという極道! まだまだ……まだまだ突っ走りますぜ、エロゲーマー人生! 

 

 

個人的には、このような機会があったことで、最近エロゲーマー、ノベルゲーマー……あるいは「物語の読み手」として、大した活動をしていなかったわたし残響ですが、こうしてコンテンツを残せるような活動をさせていただいていることに感謝しております。エロゲーマー人生も、自分もそれなりに歳を重ねたのかな、と思います。それが、このような形となって、なにがしかの知見を、話し合って提示できること。それは、過去に比べて成長といえるのでしょう…… 

 

……っと、そういう堅苦しい弁明はええのだw たのしい対談となっている、と自負しておりますので、「物語」「エロゲ」「シナリオ視点と百合系イチャラブ視点の違い」というところにご興味のあるかたは、ぜひ。

 

※feeさん側の紹介記事

止まり木に羽根を休めて : イチャラブゲーマー残響さんと対談しましたー! (10/30更新)

同人音楽サークル・8TR戦線行進曲のDTM作曲機材環境

どうもです、残響です。創作では残田響一(ざんだ・きょういち)という名義です。

このブログではあんまり書いてこなかったのですが、現在わたしは、エロゲや音楽の批評(レビュー)活動を休止し、音楽の実作(創作・作曲)活動にいそしんでおります。同人ってやつです。同人音楽。(インディーズとはどう違うの?)(オタっぽさ?)

(サークルHPはこちら)

同人音楽サークル・8TR戦線行進曲。(エイトトラック・せんせんこうしんきょく)

2015年の秋からはじめて、現在(2016秋)までに、2枚のCD(EPとアルバム)を出しました。つい最近、当サークル歴&作曲歴がまる一年になりました。

そこで、このブログを、これからは主に創作のメモやら雑惑やらを書いていくことにします。え、今までとあんまり変わってない? ファファファそれは違うぞ、今までよりももっとぼんやりしたブログになるのじゃよ……。

 

今日は機材について、自分の現在のをまとめる意味合い&備忘録で、書いてみます。

KORG microSTATION

www.korg.co.jp

f:id:modern-clothes:20110422190250j:plain

 

↑これ

メインキーボード&メイン音源。

midi打ち込みが苦手で、また弦楽器(ギターとか)も苦手なわたしです。ガガガと弾けて、メロディーも浮かぶのが鍵盤(キーボード)なのです。ガガガと弾けるといっても、右手の手癖フレーズしか弾けません。堕ちたバド・パウエルと呼んでくれ。(傲慢

とにかく音が太い。かなり太い。また、シーケンサー内臓でこれ単体でも曲が作れるのだけど……あんまり活用してない。ハードウエァ好き、ガジェット好きなので、もっと活用したいけど。結局acidで録音してしまう。

 

●ACID Pro7

www.sourcenext.com

f:id:modern-clothes:20161102211404p:plain

 

メインのDAW(音楽制作ソフト)。Pro7なのは、ソースネクストでやたら安かったから。わたしが買ったときはmusic studio10と変わらん価格崩壊だったぞ。

いろいろとDAWを渡り歩いて、録音・編集がやりやすいのがこれだった。ピッチ変更とか、テンポ変更がアホほどやりやすい。この手の機能を使いまくるわたしからしたら、(安さもあいまって)巡り合ったソフト、と言えます。

midi打ち込みをこれでやるのは、まだ勉強中。現在、microSTATIONとacid内蔵のソフトシンセをメイン音源にしてるため、プラグインとかソフトシンセは入れてない。唯一入れたNovationのBass stationはやたらハングしまくる……

 

●テキスト音楽「サクラ」

oto.chu.jp

サブ~ほぼメインのmidi打ち込みソフト。

なんとピアノロールではなくて、直にワープロ感覚で「どれみー」と書いたら「ドレミ~♪」というmidiファイルになるというシーケンサ

ああ、アホほど使いやすい!この使いやすさを待っていたんだ!実際、わたしは音屋としての経験より、文字屋としての経験のほうが長いんだからっ!

まあ、基本midi打ち込みは装飾的なシーケンス・フレーズかリズム・パターンでしか使いませんが。

 

f:id:modern-clothes:20110422190312j:plain

 

●Focusrite Scalett Solo

オーディオインターフェイス

紅いのが気に入っている(えっ)。なお、これを通したら、見違えるほどにPCのリスニング音質がよくなった。当サークルのオーディオチェックをお願いしているレイシアさん曰く「音楽制作用のは、価格の割にオーディオとしての性能がいいですからね」とのことらしいです。

なお、これにつないでいるスッピカは、超年代物……と書くとオデオ的に「ヲオッ」と思われそうですが、単なる13年前にPCと一緒に買った安いPC用スッピカです……。

 

●ミキサー、リズムマシン、ギター用エフェクター

 

f:id:modern-clothes:20110422190300j:plain

f:id:modern-clothes:20110422190341j:plain

 

ミキサーはベリンガーの。もともとギターとかベースを遊びでやってたときのを流用。そんなに使ってないが、卓へのあこがれがありまして……。

リズムマシンzoom RT-123。これもギターとかベースを遊びでやってたときのを。基本、リズムパターンに導かれて曲を作るので、これは役立っています。この音源をそのまんま録音したりもします。というか前2作は相当これを使ったな……。

それから、うちの音作りで特異といえるのが、この「ギター用エフェクターをシンセにかます」というのだと思います。写真のはベースビッグマフ(ファズ)ですが、まあこういう歪みとかディレイを、プラグインを使わずに、エフェクターでするのです。アナログ……しかし、これがまた音が個人的に好みなのでいいのです。使いかたも熟知してるし。ちなみに、ノイズはこのパワーサプライで減じています。

 

 

とりあえずざっとこんな感じです。また何かあったら追記するなり、記事を新たにして書きます。